文字サイズ
自治体の皆さまへ

令和4年度4~9月上半期の財政事情 9月末現在

7/41

山口県阿武町

阿武町では、みなさんから納めていただいた税金や国・県の補助金などを活用し、さまざまな事業を行い、豊かで住みやすい自立したまちづくりを進めています。
財政事情については、例年、春と秋の2回公表していますが、今回は令和4年度の上半期(4~9月)の収支、財産、町債などの状況についてお知らせします。
令和4年度の一般会計は、当初予算31億2800万円でしたが、3回の増額補正により、令和3年度からの繰越事業を含めた予算規模は34億9416万7千円となりました。

■令和4年度一般会計予算上半期予算の執行状況

一般会計1人当たり予算額:113万3千366円(34億9,416万7千円÷9月末人口3,083人)

■町特別会計予算の執行状況

上表は、一般会計以外の特別会計予算の執行状況を、国民健康保険事業をはじめ、簡易水道事業、農・漁業集落排水事業など、各会計ごとに表したものです。

■基金積立金残高

上表は、将来大きな事業を行ったり、一時的な資金不足に対処し弾力的な財政運営を行ったりするため、それぞれ目的別に資金を積み立てている状況を基金ごとに分けて表したものです。

■今年度の主要事業について
新規事業では、新型コロナウイルス感染症や燃料・物価高騰への対応として、「阿武町町内事業所V字回復応援券交付事業」や「原油価格・物価高騰対策商品券交付事業」、「原油価格・物価高騰対策事業者支援事業」を行います。
また、地方創生事業として「地域内循環促進事業」、安全安心に通行できるよう「町道田部青浦線自然災害防止対策道路改良事業」を行うほか、「のうそんセンター改修事業」、「体育センター屋根改修事業」を実施します。
継続事業では、阿武町版総合戦略に位置付けられた「無角和種との出会い創出プロジェクト事業」と「道の駅産業振興事業」を行うほか、「過疎対策道路整備事業(町道亀山十王堂線道路改良事業)」、「鹿島大橋補修事業」などを実施しています。
また、花田憲彦(はなだのりひこ)町長が提唱する〝打てば響く町民の一人ひとりに寄り添うまちづくり〞を実現するため、若者定住、子育て・高齢者支援、雇用の創出に向けた各種事業を鋭意進めています。
・「こども医療費助成事業」(高校生までの医療費無料化)
・「高校生修学支援補助金交付事業」(高校生の通学にかかる町営バスの無料化など)
・「高齢者インフルエンザ予防接種代金の助成事業」
・「子ども等への任意予防接種代金の助成事業」
・「保育料完全無償化事業」
・「企業誘致推進事業」
・「がんばる農林水産業就業・経営等支援事業」
・「集落営農法人連合体形成加速化事業」
・「定住対策ソフト事業」
・「デマンド交通運行事業」など

今後も、チェンジ、チャレンジの精神をもって他の自治体にない、そして、他の自治体に先駆けた施策を、スピーディかつ大胆・果敢に進めていきます。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU