文字サイズ
自治体の皆さまへ

令和3年度 石井町の決算(2)

7/37

徳島県石井町

◆令和3年度に実施した主な事業
第五次石井町総合発展計画において、将来ビジョン「太陽と緑の環境都市いしい」を掲げ、12の施策分野群の目標に向かい施策を展開しました。主な事業は以下のとおりです。

1.健康的な暮らしの推進
・予防事業…65,718千円
・妊婦・乳幼児健康診査事業…20,475千円

2.高齢者・障がい者福祉の充実
・相談支援事業…11,261千円
・重度心身障がい者医療費助成事業…64,690千円

3.地域の支え合いの推進
・地域活動支援センター基礎的事業…14,040千円
・中央公民館図書管理事業…9,068千円

4.子育て環境と教育の充実
・放課後児童健全育成事業……74,122千円
・(小・中学校)情報教育推進事業…36,363千円

5.安全で快適な生活環境の確保
・道路維持補修事業…13,566千円
・長寿命化対策事業(道路メンテナンス)…66,236千円

6.安心した暮らしの実現
・火葬業務委託料…21,841千円
・浄化槽設置整備事業補助金…10,345千円

7.安全・安心のまちづくり
・LED照明導入促進事業…5,132千円
・災害時用物資購入事業…2,497千円

8.環境に配慮したまちづくり
・都市公園長寿命化対策事業…70,528千円
・分別収集徹底住民啓発事業…1,509千円

9.地域産業の活力増進
・農業次世代人材投資事業…6,000千円
・藤色野菜販路開拓事業補助金…1,350千円

10.協働のまちづくりの推進
・ふるさと石井応援事業…23,342千円
・高齢者ボランティア活動支援事業…4,200千円

11.健全な行政運営
・広報事業…10,132千円
・職員研修事業…598千円

12.広域行政の推進
・徳島県市町村滞納整理機構負担金…2,343千円
・後期高齢者医療事務費負担金…15,327千円

◆令和3年度 各会計決算
(単位:千円)


※不足額は、当年度分損益勘定留保資金、減債積立金で補てん

財政健全化判断比率について、令和3年度決算を、地方公共団体の財政の健全化に関する法律に基づき算定した結果、実質赤字比率、連結実質赤字比率は黒字のため算出されませんでした。将来負担比率も算定されず数値なしとなり、すべての指標で財政健全化計画を定める必要がある早期健全化基準を下回りました。
水道事業会計では、黒字のため資金不足比率の数値の算定はされませんでした。
石井町では、基準値を超える項目はなく、財政状況は健全と言えますが、今後も引き続き財政の健全化に取り組んでいきます。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU