文字サイズ
自治体の皆さまへ

ゼロカーボンシティへの挑戦~J-クレジット制度の活用~

6/50

島根県出雲市

出雲市では、J-クレジット制度(※1)を活用し、住宅用太陽光発電設備を設置する市民の方が創出したCO2排出削減量を市が取りまとめ、国からクレジット認証を受けています。
これを「神話の國出雲さんさん倶楽部(※2)クレジット」として、企業やイベントの主催者等に販売(カーボン・オフセット(※3))し、販売益をCO2削減事業に活用する取組を行っています。

※1 J-クレジット制度
J-クレジット制度は、省エネ設備の導入や再生可能エネルギーの活用によるCO2の排出削減量や、適切な森林管理によるCO2の吸収量をクレジットとして国が認証する制度です。

※2 神話の國出雲さんさん倶楽部
(1)住宅用太陽光発電システムを設置した市民の方を会員とする任意団体で、管理・運営等は出雲市が行っています。
(2)倶楽部は、太陽光発電設備を設置したことによるCO2排出量の削減へ寄与した「環境価値」を出雲市に寄附し、これをクレジット化し、企業等に販売しています。

※3 カーボン・オフセット
日常生活や経済活動においてCO2等の温室効果ガスの排出の削減努力を行い、どうしても排出される温室効果ガスについて、排出量に見合った温室効果ガスの削減活動に投資すること等により、排出される温室効果ガスを埋め合わせるという考え方です。

■令和3年度 実績紹介
有限会社坂根屋は、出雲ぜんざいの製造・生産過程等で発生するCO2排出量10トンをカーボン・オフセットされ、地球温暖化対策としての二酸化炭素削減に貢献されました。
7月15日、飯塚市長から同社の坂根壮一郎代表取締役に対し、カーボン・オフセット証明書の交付を行いました。

問合せ:ゼロカーボン推進室
【電話】21-6741

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU