文字サイズ
自治体の皆さまへ

ペットも災害に備えましょう

16/40

静岡県磐田市

■大切なペットを守るのは飼い主です
●避難の準備
災害はいつどんな状況で発生するか予測ができません。いざというときのために、平時よりペットと避難する場合に何が必要なのか確認しておきましょう。

●避難物資(例)
・水とペットフード
長期保存できるものを5日分以上備えましょう。
・キャリーバッグやケージ
普段から入ることに慣らす訓練をしましょう。
・飼い主と一緒の写真
はぐれた時の捜索に役立ちます。
・首輪に犬鑑札や迷子札を付ける
所有者の明示になります。
※他には、トイレ用品や常備薬、タオル、ブラシなども重宝します

●避難の方法
避難の方法は一つではありません。事前に家族で相談しておきましょう。
《ケース(1)》在宅避難の場合
飼い主もペットも自宅で避難生活をします。

《ケース(2)》自宅に住めない場合
ペットを安全な場所に預けるか、飼い主が避難所と自宅を行き来し世話をします。

《ケース(3)》(1)(2)の方法が困難な場合
各避難所のルールに従って、飼い主が責任を持ち、避難所で世話をします。鳴き声などのトラブルに注意が必要です。

●より詳しく知りたい方は
環境省や静岡県のホームページをご覧いただくか、検索サイトで「ペット§防災§ガイドライン」などのキーワードで検索してみてください。
※詳細は本紙15ページをご覧ください

[ページ番号:1010091]

問合せ:環境課(西庁舎1階)
【電話】0538-37-2702
【FAX】0538-37-5565

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU