文字サイズ
自治体の皆さまへ

インターネット通販の定期購入にはご注意を!

9/39

長崎県大村市

6月1日から、通販の注文時に内容を確認する際の表示がより明確になります。改正特定商取引法により、事業者は、取り引きにおける基本的な事項を、最終確認画面で明確に表示することが必要となります。注文を確定する前の画面で、必要事項をしっかり確認するようにしましょう。

◆『注文を確定』を押す前に必ず確認しましょう
(1)1回限りの購入ですか?
「○カ月コース」「定期」「自動更新」「無期限」などの表示があれば2回目以降も届きます。

(2)2回目からはいくらですか?
「初回」価格と「2回目以降」の価格は違う場合があります。

(3)解約の方法は?
1回限りで、簡単に、無料で解約できますか?

上記(1)~(3)の内容については、改正特定商取引法により、最終確認画面で明確に表示しなければいけません。6月1日以降、誤認させる表示により申し込みをした消費者は、契約を取り消せる可能性があります。
困ったときは一人で悩まずに、消費生活センターなどに相談を。

◆こんなトラブル事例があります
▽「お試し実質無料」「初回限定○%オフ」
このような化粧品や健康食品などのインターネット広告を見て、「初回注文だけで」と軽い気持ちで、商品を“おトクにお試し”感覚で注文したつもりでも…
→実際には、複数回の商品購入が条件となる“定期購入契約”を結んでいたという事例が急増しています。

・動画サイト上の広告からダイエットサプリメントをお試し特別価格で1回限りのつもりで注文したが、実際には、複数回購入することが条件の定期購入契約だった。(10代女性/30代男性)

▽「いつでも解約できます」
そのような広告を見て「解約保証があれば安心」との考えで気軽に注文したものの…
→いざ解約をしようとすると、連絡が取れないケースや、追加支払を求められる事例も。

・解約手続きを行いたいのに、事業者に電話がつながらず解約できない。(50代女性)
・解約保証の条件として、別途1カ月分の商品代金を通常価格で支払う必要があった。(20代女性)
・さらにお得になるクーポンを使ったら「いつでも解約できる」契約が、「4回目までは解約できない」定期購入契約に切り替わってしまった。(30代女性)

◆トラブル回避のために
・証拠を残すため、最終確認画面のスクリーンショットを残しておきましょう。
・成年年齢引き下げにより、4月から1人で契約ができるようになる18歳・19歳の皆さんは、特に慎重に契約内容を確認しましょう。

→市民110番(内線193)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU