文字サイズ
自治体の皆さまへ

お知らせ(2)

11/13

北海道奥尻町

◆知っていますか?建退共制度
建退共制度は、中小企業退職金共済法に基づき建設現場労働者の福祉の増進と建設業を営む中小企業の振興を目的として設立された退職金制度です。
この制度は、事業主の方々が労働者の働いた日数に応じて掛金となる共済証紙を共済手帳に貼り、その労働者が建設業界で働くことをやめたときに、建退共から退職金を支払うという、いわば業界全体での退職金制度です。
加入できる事業主:建設業を営む方
対象となる労働者:建設業の現場で働く人
掛金:日額310円

特長:
・国の制度なので安全、確実、申込み手続きは簡単です。
・経営事項審査で加点評価の対象となります。
・掛金の一部を国が助成します。
・掛金は事業主負担となりますが、法人は損金、個人では必要経費として扱われ、税法上全額非課税となります。
・事業主が変わっても退職金は企業間を通算して計算されます。

~建退共制度の特例措置のお知らせ~
建退共では、地震等により災害救助法が適用された皆様に対し、各種手続きの特例措置を実施しております。

◇建退共から事業主の皆様へのお願い
・共済証紙は、労働者の就労日数に応じて適正に貼付してください。
・「建設業退職金共済手帳」を所持している労働者が、建設業界を引退するときは、忘れずに退職金を請求するように指導してください。

※詳しいことについては、最寄りの建退共支部へお問い合わせください。

問合せ:【電話】011-261-6186

◆10月は「町道民税(第3期)」「国民健康保険税(第4期)」を納める月です
・忘れずに納期(11月2日)までに納めましょう。
・納税に便利な口座振替のご利用をご検討下さい。

◆不正軽油は犯罪です!
檜山振興局では10月を「不正軽油防止強化月間」に設定し、不正軽油の撲滅に向けた取組を強化しています。不審な軽油の売込み、灯油や重油をトラックの燃料に使っているなど、不正軽油に関する情報がありましたらご連絡ください。

※不正軽油とは、軽油取引税を脱税するために、軽油に灯油や重油を混和するなどした燃料油のことです。

問合せ:「不正軽油ストップ110番」
【電話】0800-8002-110(フリーアクセス)

◆アイヌの方々からの様々なご相談をお受けします
受付:月曜日~金曜日(※祝日・12/29~1/3を除く)
時間:午前9時~午後5時
・相談無料
・匿名可
・秘密厳守

相談専用電話:
【電話】0120-771-208(フリーダイヤル)

問合せ:公益財団法人 人権教育啓発推進センター
【住所】〒105-0012 東京都港区芝大門2-10-12 KDX芝大門ビル4F
※本相談事業は、(公財)人権教育啓発推進センターが、厚生労働省生活相談充実事業により実施するものです。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU