文字サイズ
自治体の皆さまへ

健康・福祉

16/51

広島県尾道市

■介護予防講演会を開催します[出たもん勝ち]
コロナ禍で心配されていることの一つに、高齢者のフレイルがあります。介護予防に取り組み、いつまでも元気で暮らすために、フレイル予防について学びます。

日時:6月10日(金)14:00〜15:30
場所:向島公民館
対象:介護予防に関心がある人
講演:「withコロナ時代にみんなでやろう!フレイル予防」
定員:80人
講師:沖田光昭(公立みつぎ総合病院)
申込み:申込書を高齢者福祉課か各支所へ持参か郵送、FAXもしくは電子申請で
締切:6月3日(金)

申込み・問合せ:高齢者福祉課
【電話】0848-38-9137

■届きましたか?国保の特定健診受診券 まずは予約を[出たもん勝ち]
対象者へ、4月末に「特定健康診査受診券」を送付しています。10,000円相当の血液検査、尿検査等が無料で受けられる券です。
特定健診は、メタボリックシンドロームや脂質異常症、糖尿病、高血圧、痛風など、自覚症状の乏しい生活習慣病の予防・重症化予防を目的としています。コロナ禍でメタボが進行している人も多いようです。特定健診を毎年受けて、体の変化を確認しておきましょう。
受診方法は、「集団健診」「医療機関健診」「人間ドック」などから選ぶことができます。同封の「特定健診のご案内」を参考に、ご自身に合った方法を選び、予約してください。

問合せ:保険年金課
【電話】0848-38-9107

■5月12日は「看護の日」です
近代看護を築いたフローレンス・ナイチンゲールの誕生日にちなんで、1990年に制定されました。
新型コロナウイルス感染症の拡大状況により、看護職の重要性が改めて問われている一方で、これから看護職員の不足が見込まれています。
看護職員の資格を得るためには、療養施設で学んだのち、国家試験(准看護師の場合は都道府県知事試験)に合格すると、免許が与えられます。詳しくは、HPをご覧ください。

問合せ:健康推進課
【電話】0848-24-1961【HP】https://bingolife.jp/kango/index.html
「びんご看護ネット」で検索

■妊婦支援金事業
新型コロナウイルス感染症予防対策に留意して過ごしている妊婦に応援支援金を支給します。

対象:尾道市に住民票があり、令和4年4月1日から令和4年9月30日の間に、母子健康手帳の交付を受けた妊婦
申込み:該当者には窓口か郵送で申請書を渡します。申請書に記入後、健康推進課へ提出
給付金額:妊婦1人あたり1万円
締切:10月31日(月)

申込み・問合せ:健康推進課
【電話】0848-24-1960

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU