文字サイズ
自治体の皆さまへ

特集 18歳から成人に 変わること、変わらないこと

1/13

福井県勝山市

民法の改正によって、令和4年4月1日から、成年年齢が20歳から18歳に引き下げられました。
今月の特集では、今回成年の定義が見直されたことによって、何が変わってしまうのか、18歳になる高校生はどんなことを考えているのかをご紹介します。

■18歳で成人に何がどう変わる?~民法改正令和4年4月1日から成年年齢引き下げ~
◆01 なぜ成年年齢が引き下げに?~18歳へのステップ~
キーワード:
「自分で考えて決める」
「若者の社会参加」
日本では、明治9年に成年年齢が20歳と定められて以来、今日まで20歳になると”成人”とされてきました。しかし、近年、憲法改正国民投票の投票権年齢や公職選挙法の選挙権年齢が18歳になるなど、若い世代にも国の重要な事項の判断に参加してもらうための取り組みが進められてきました。こうした流れから、民法においても、18歳以上の人を成人として取り扱うことが適当ではないかと考えられ、18歳に引き下げられることになりました。このことは、18歳、19歳の方の自己決定権を尊重し、積極的な社会参加を促すことになると期待されています。

◆02 なにが変わる?~18歳へのステップ~
[変わること(18歳からできる)]
◇親の同意なしに契約できる
・携帯電話を契約する
・部屋を借りる
・クレジットカードをつくる
・ローンを組む など
◇10年有効のパスポートを取得できる
◇公認会計士や司法書士、医師免許などの国家資格を取得できる
◇性別取扱いの変更審判を受けられる
◇女性の結婚可能年齢が16歳から18歳に引き上げ
[変わらないこと(20歳のまま)]
◇飲酒をする
◇喫煙をする
◇競馬、競輪、競艇、オートレース、競艇の投票権(馬券など)を買う
◇養子を迎える
◇国民年金の加入義務が発生する

◇勝山市の成人式は「20歳(はたち)のつどい」に
勝山市では、成人式を「20歳のつどい」と名称を変更し、当該年度中に20歳に達する方を対象に実施します。

◆03 「成人」に対する思いは?~18歳へのステップ~
もうすぐ18歳になる高校生に、成人になることについてどのように感じているのか、率直な意見を伺いました。
〔勝山高校3年 中出 結心(なかでゆうみ)さん、勝山高校3年 山内 抹緒(やまうりまお)さん、勝山高校3年 稲木 友香(いなぎゆか)さん〕
◇成人のイメージは?
中出さん:真っ先に思いつくのは「働く」です。楽しそうに働く親の姿はかっこいい大人です。税金や経営などの話は大変そうですが…。
山内さん:私も働きながら家事や資格の勉強をする親の姿が思い浮かびます。
「身近な親の姿が成人のイメージに」

◇成人になったらやってみたいことは?
稲木さん:仕事で忙しいときでも、親には部活の送り迎えをしてもらってきたので、自分で車を運転したいです。
中出さん:もしなんでも契約できるとしたら、車を買っていろんなところに行ってみたいです。でも、自分の意思で買いたいものを買うには、働かないといけないですね。
3人:海外に行ってみたいです!(遺跡巡り、世界観を広げる、夢のための勉強など)
「できることが増える喜びと働く意識の芽生え」

◇18歳成人について思うことは?
山内さん:18歳になるまでにいろいろ体験をすることが必要だと思います。今のうちに体験できること、教えてもらったほうがいいことなどを大人の方から教えてもらう機会があるといいですね。
稲木さん:最近、私の知らないところで話が進んでいて、ケンカになったことがありました。これから、自分の意思で決められることが増えてきますが、周囲の人とのコミュニケーションがより一層大切だと思います。
「社会を知る機会やコミュニケーションが重要」

◆04 社会へ羽ばたく前に~18歳へのステップ~
成人になり、できることが増えると同時に、消費者トラブルといった問題も多くなります。成人になった時、少しでも困らないためにも、消費者教育が大切となってきます。

◇子どもたちに消費者教育
勝山市の消費者センターでは、市内の小学校と連携し、子どもたちに分かりやすく消費者教育を実施したり、障害者のつどいでおこづかい帳を付ける大切さを伝えたりする活動を行っています。
子どもたちは、大人の行動を体験することで、消費者としての知識を少しずつ身に付けています。

◇困ったら迷わず相談しましょう
・消費者ホットライン【電話】188
・勝山市消費者センター【電話】88-8103

◇契約する前に、身近な人に必ず相談を
[1人で悩まないこと]
成年年齢の引下げにより、多くの方は、高校生で成年を迎え、法律上、立派な大人として扱われます。しかし、高校生の多くは社会に出たことがなく、契約や法律には不慣れです。これまでは、未成年者が消費者トラブルに巻き込まれたとしても、事後的に契約を取り消すこともできましたが、それもできなくなります。
そのため、成年に達した高校生らが消費者トラブルに巻き込まれる可能性がでてきます。最近ではスマートフォンで簡単に契約申込みもできてしまいますので、尚更です。
そこで、高校生の皆さんは、契約を申し込む際には、身近な親に相談してください。消費者トラブルの多くは、一人で決めてしまったことに端を発しています。「一人で悩まないこと」、それが何よりも重要です。
もし、身近に相談できる人がいないときは、「勝山市消費者センター」や「消費者ホットライン」、最寄りの法律事務所に気軽に相談してください。

[自己決定力を育む]
成年年齢の引下げによって消極的な面ばかりに目が行きがちですが、成年になることで、自らの進路を自らの意思で決められるという積極的な面もあります。
ただし、この自己決定は、自己責任と表裏一体です。自ら下した決定には、自ら責任を持たなければならない厳しさがあります。この自己決定力を育むには、日頃の努力が欠かせません。そこで、子を持つ親御さんには、子どもに学校の垣根を越えて社会との繋がりを持たせ、社会性や人間性を育んでやってほしいのです。正直、大変なご苦労だと思いますが、我が子のためです。頑張っていきましょう。

最後になりましたが、これから将来を担う子ども達には、学校生活だけではなく、友達同士で旅をしたり、地域のボランティア活動に参加したり、日々のニュースに目を向けるなどして、社会に目を見開き、多様な価値観に触れてほしいと切に願っています。

横田秀俊法律事務所 弁護士 横田 秀俊(よこたひでとし)さん

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU