文字サイズ
自治体の皆さまへ

【お知らせ】福祉

15/31

栃木県鹿沼市

■国民年金の任意加入制度について
60歳以上の人や外国に居住する日本人は、国民年金に任意加入することで、将来受け取る年金額を増やしたり、年金の受給権につなげたりすることができます(保険料を免除することはできません)。
・将来受け取る年金額を増やしたい場合は、60歳~65歳までの期間で納付ができます。
・受給資格期間(10年)を満たしていない場合は、60歳~70歳までの期間で納付ができます。
・外国在住の20歳以上65歳未満の日本人が納付書で払う場合は、国内での納付協力者の登録が必要です。
※保険料の納付は原則、口座振替となります。
※さかのぼっての加入や、厚生年金や共済年金に加入している人は、手続きできません。
必要書類:本人確認ができるもの(運転免許証等)、基礎年金番号がわかるもの、またはマイナンバーカード、預金通帳、通帳届出印
申請窓口:宇都宮西年金事務所、保険年金課(市役所1階(2)番窓口)

問合せ:宇都宮西年金事務所国民年金課
【電話】028-622-4281(音声案内(2)→(2))

■年金生活者支援給付金について
所得が一定基準以下の方の年金に上乗せして支給される年金生活者支援給付金について、該当者には、はがき(請求書)を送付しています。必要事項を記入の上、必ず日本年金機構へ提出してください。詳しくは、専用ダイヤルへお問い合わせください。
対象:
〇老齢基礎年金の受給者
65歳以上の市町村民税の非課税世帯の人で、年金収入額とその他所得額の合計が約88万円以下の人
〇障害基礎年金・遺族基礎年金の受給者
前年の所得額が約472万円以下の人

給付金専用ダイヤル【電話】0570-05-4092(ナビダイヤル)

問合せ:宇都宮西年金事務所 お客様相談室
【電話】028-622-4281(音声案内(1)→(2))

■旧優生保護法による優生手術を受けた方への一時金
受付時間:午前9時~午後5時(土日祝日、年末年始を除く)
場所:宇都宮市塙田1-1-20栃木県庁本庁舎5階 保健福祉部こども政策課(母子保健担当)内
対象:次の(1)(2)いずれかに該当し生存している方
(1)昭和23年9月11日から平成8年9月25日までの間に、旧優生保護法に基づき優生手術を受けた方
(2)(1)のほか、同じ期間に生殖を不能にする手術または放射線の照射を受けた方
※母体保護のみの理由や、疾病の治療を目的とする等、優生思想に基づくものでないことが明らかな手術等を受けた方を除きます。
手続き:相談窓口へ直接または郵送で。
※請求書や添付書類(診断書・領収書)は、厚生労働省・県ホームページ、窓口にあります。
請求期限:平成31年4月24日から5年以内
一時金の金額:320万円(一律)

問合せ:県旧優生保護法関係相談窓口
【電話】028-623-3064

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU