文字サイズ
自治体の皆さまへ

「空き家」でお困りの方はご相談ください

5/32

栃木県鹿沼市

■あなたの周りにこんな悩みを抱えている方はいませんか?
・実家の登記の名義は亡くなった親族のまま。解体するにもお金が掛かるし…。実家を売却したいけど売れるのかな。
・隣の空き家の敷地から草が越境してきて不安…。

■空き家になると危険がいっぱい!
・老朽化しており、倒壊など、災害時に大きな被害につながる恐れがある。
・草木が生い茂り、害虫等が発生し、不衛生な状態になっている。
・不審者の侵入や放火、ごみの不法投棄など、地域の治安悪化の原因になっている。

※空き家が原因で他人に損害が生じた場合、所有者は被害者に対して損害を賠償する責任を負う可能性があります。
※周囲に著しく悪影響があると判断される空き家は「空家等特別措置法」に基づき「特定空き家」に認定され、必要な助言、指導、勧告、命令、代執行などの行政措置が行われます。

■お気軽にご相談ください!
市では空き家に関しての総合相談窓口を設置しています。空き家の相続・売却等やご近所の空き家に関して悩んだりした場合は、空き家対策係にお気軽に相談ください。

■鹿沼市の空き家に関する支援事業
◇空家(あきや)解体補助金
老朽化した空き家の解体工事を行う場合、その経費の一部を補助します。
空き家が補助対象としての要件を満たすかどうか事前確認が必要で、申請前の着工は、補助の対象となりません。
※令和4年度から解体工事の中の残置物撤去費用も対象工事に含まれます。
対象工事:市内の業者等が請け負う、空き家を解体する工事
補助額:解体工事費の2分の1、上限50万円
募集件数:40件程度

◇空き家バンク(P29お知らせ参照)
空き家の売却・賃貸を考えている人に空き家情報を登録してもらい、市ホームページ等で空き家を利用したい人に紹介する制度です。空き家以外にも店舗、事務所、空き地(宅地)、建物の一部等のお取り扱いも可能です。
交渉・契約の仲介については、(公社)栃木県宅地建物取引業協会・(公社)全日本不動産協会との協定を結んでいますので、協会推薦の市内業者を紹介します。
累計登録件数:126件、累計成約件数:83件(令和4年3月末時点)

◇空き家バンクリフォーム補助金
市外からの転入希望者が空き家バンクで住宅を購入しリフォームする場合に利用できる補助金制度です。
対象工事:市内業者等が請け負う、空き家バンク物件の20万円以上のリフォーム工事
補助額:リフォーム工事費用の2分の1
※基本上限50万円+加算項目(各項目10万円)
募集件数:4件程度

問合せ:建築課空き家対策係 
【電話】63-2243

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU