文字サイズ
自治体の皆さまへ

健康だより

2/29

愛媛県上島町

■しっかり食べて健康づくり
◇「栄養」足りていますか?
長引くコロナ禍で、運動不足や栄養不足になっていませんか?
「低栄養」は、体に必要なエネルギーやたんぱく質などの栄養素が不足している状態です。低栄養になると、筋肉量や骨量が減少したり、免疫力や体力の低下、気力や認知機能の低下などの弊害が現れます。特に高齢者では、栄養不足から感染症にかかりやすくなったり寝たきりや認知症などになる危険が潜んでいます。

◇「かくれ低栄養」に注意
ところで、ふくよかな体型の人は「栄養状態が良い」と思われがちですが、実は、太っていても低栄養の人はいます。栄養失調の人の半数は「肥満」という報告もあります。また低栄養は、心筋梗塞や狭心症、がんなどのリスクを高めることがわかっています。
見た目の体格が良くても、脂質や糖質、アルコールばかり摂って、必要な栄養が不足すれば、体は低栄養の状態になります。一方、体脂肪が多くても、筋肉が少なく骨もスカスカな状態では、元気に動けなくなってしまいます。高齢者で「かくれ低栄養」の人は、ゆくゆくは食べる力が落ち、虚弱な状態に陥ってしまうこともあります。また、若い人でも、栄養の偏りや過度なダイエットなどで、低栄養状態になっていることがあります。体格にかかわらず、栄養の過不足なく三食きちんと食べることが基本ですね。

◇「10食品群」をそろえよう!
普段の食事で、いろいろな食品がまんべんなくとれているか、簡単にチェックする目安として「10食品群チェックシート」があります(下記参照)。「魚」・「油」・「肉」・「牛乳」・「緑黄色野菜」・「海草」・「芋」・「卵」・「大豆」・「果物」の10種類の食品を毎日摂ることで、身体を作るのに大切なたんぱく質をはじめ、不足しがちなビタミン・ミネラル・食物繊維などを補給できます。10食品群がそろった食事は、感染症予防にも有効です。
※ごはん、パン、めん類などの「主食」は10食品群に入っていませんが、必要ないのではなく「毎食必ず食べる」ことを前提としてチェックシートには記載されていません。

◇合言葉は「さあにぎやかにいただく」!
毎日の食事を「10食品群チェックシート」でチェックしてみましょう。
その日に食べた食品に〇を記入します。〇の数をその日の点数とし、10点満点中7点以上あれば合格です。一日では品数が少なくても、一週間くらいで平均して摂れていればOKです。ですが、毎日、朝食を抜いたり、缶コーヒーと菓子パンですませるなどしていると、一日に必要な食材や栄養が足りなくなってしまいます。
この10食品群の頭文字をつなげると「さあにぎやかにいただく」。
毎日、意識しながらしっかり食べて、病気を寄せつけない身体を作りましょう!

問合せ:
・生名支所健康推進課【電話】74‒0911
・岩城保健センター【電話】74-0755
・魚島保健福祉センター【電話】74-1120

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU