文字サイズ
自治体の皆さまへ

島おこし協力隊活動報告(公営塾)

5/29

愛媛県上島町

■「ゆめしま未来塾 高校魅力化プロジェクト振り返り」
こんにちは!ゆめしま未来塾の雫石です。早いもので令和3年度はあと4ケ月となりました。ここで改めて弓削高校魅力化プロジェクトのあゆみを振り返ってみたいと思います。
弓削高校の入学者数は2013年に20名を下回り、県教育委員会から統廃合の提案が出されました。地域から高校がなくなれば子育て世代が町から離れ上島町全体が衰退するのでは、と考えた町と弓削高校が2017年に始めたのが「高校魅力化プロジェクト」です。
このプロジェクトには3つの柱があります。1つ目はその高校でしか学べない独自のカリキュラム、2つ目は特に全国募集で入学してきた生徒のための教育寮、そして3つ目が公営塾です。つまり、公営塾を作りさえすれば高校が魅力的になるわけではなく、この3つの柱が揃って機能的に運用されて初めて魅力化が加速するというのが基本的な考え方です。(詳しくは高校魅力化プロジェクトで検索!)
プロジェクトが始まったころのことを当時の公営塾講師や先生方に聞くととにかく大変だったといいます。教員でもない人を島外から呼んで学校の中に日常的に迎え入れるというのは学校運営の過程において勇気の要ることですし、その意義を保護者や町民に理解してもらうのも一朝一夕ではできなかったでしょう。そう考えると、今年度から着任した私が当たり前のように学校に出入りでき、先生や生徒と会話ができることは、本当に前任講師や先生方、役場の担当職員の皆さんの働きのおかげだなと頭があがりません。
一方で、公営塾の存在が当たり前になったところで胡坐をかいていてもいけないと思っています。たくさんの予算と人員と時間が割かれている本プロジェクトの成功は、弓削高校が統廃合の危機を脱し、存続のための糸口を見つけることにあります。皆さん、町が推進する本プロジェクトへの引き続きのご協力をどうぞよろしくお願いします!

担当:ゆめしま未来塾 雫石まどか

◇「ゆめしま未来塾ブログ更新中!」
【HP】https://sites.google.com/view/yumeshima-miraijuku/home

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU