文字サイズ
自治体の皆さまへ

消防だより

36/45

愛媛県砥部町

消防水利の確実な確保にご理解ご協力をお願いします

■消防水利とは
消防活動を行う際に使用する消火施設のことです。現在町では、消火栓442基・防火水そう145基・河川・池があります。

■消防水利上に車両等を駐停車していると?
消防署では、定期的に調査や点検・整備を行い、いつどこで火災が発生しても速やかに消火活動ができる体制をとっていますが、消防水利上に一般の人が駐停車していると、火災時に消防水利が使えず、消火活動が遅延するなどの支障が出ます。
原則として消防水利上に車両を駐停車することは道路交通法で禁止されています。

◇消防水利周辺
・消火栓から5m以内の部分
・防火水そうの吸水口もしくは吸管投入孔から5m以内の部分
・防火水そうの側端又はこれらの道路に接する出入口から5m以内の部分
・指定消防水利(プール、池、井戸、河川等)の標識が設置されている位置から5m以内の部分

◇その他
・消防用機械器具の置場(消防自動車等の車庫や消火用ホース格納箱等)の側端またはこれらの道路に接する出入口から5m以内の部分
・火災報知機から1m以内の部分
・駐車車両の右側の道路上に3・5m以上の余地がない場合

問合せ:
・砥部消防署【電話】962-2119
・広田出張所【電話】969-2121

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU