文字サイズ
自治体の皆さまへ

上島町の未来のために「空き家」をつなごう!

16/25

愛媛県上島町

上島町では、町に住み続けていただく「定住促進」のため、町を好きになり住んでみたい方への「移住促進」のために、空き家・空き地バンク制度を実施しています。
現在、上島町に住み続けたい、住んでみたいといった方から、空き家紹介のご希望を多くいただいていますが、登録物件が少なく、ご希望にお応えできない状況です。空き家・空き地バンクへの登録をぜひ、ご検討ください。

■空き家・空き地バンクミニコラム(10)
◇相続登記の義務化について
民法等が改正され、令和6年(2024年)4月1日より相続登記が義務化されることになりました。
まず「相続登記」とは、土地や建物の所有者が亡くなった場合に、その所有権を相続人に移転させる手続きのことです。所有者の名義は法務局の登記簿に記録されています。
これまで相続登記は義務ではありませんでした。そのため、相続登記が行われないまま放置されて、所有者がわからなくなった土地が増加していました。平成28年には、日本で所有者が不明な土地の面積は、すでに九州の面積以上となっているという報告がなされていました。
令和3年に行われた民法等の一部改正により、相続等により土地や建物を取得した際には、取得を知ってから3年以内に登記移転をすることが義務となる予定です。正当な理由なく怠れば、10万円以下の過料(負担金)が科されます。令和6年4月1日以前の施行日前の相続についても適用され、施行日から3年以内の相続登記申請が必要となります。土地や建物を相続したものの、相続登記がお済みでない方は、法務局または司法書士にご相談されることをお勧めします。

問合せ:空き家・移住定住ワンストップ窓口
弓削総合支所2階
相談専用ダイヤル【電話】0897-77-2501

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU