文字サイズ
自治体の皆さまへ

上島町の予算

18/24

愛媛県上島町

■島人による上島ならではのまちづくり
住民自らによる、産業・歴史・文化・自然を活かしたまちづくりに向けて

3月に開かれた上島町議会第1回定例会において、令和4年度当初予算が可決されました。一般会計予算は67億1,300万円で、前年度に比べ2億7,700万円増加しました。

◆令和4年度会計別予算と前年度増減比

◆一般会計予算の内訳

◆一般会計予算の推移

◆今年度予算の主な事業
◇水産環境整備事業(継続) 1億1,400万円
水産資源の増大と豊かな生態系の維持回復を図ることを目的に魚礁・増殖礁の造成を行います。

◇プレミアム商品券事業(新規) 1億200万円
売上げ減少が著しい町内の飲食店および小売店で使用可能な商品券を発行し、消費拡大および地域経済の回復を図ります。

◇海岸保全施設整備事業(新規) 9,840万円
高潮、津波、波浪などによる被害から海岸を防護し、背後地の安全と財産を守るため海岸保全施設の整備を行います。

◇弓削高等学校学生寮整備事業(新規) 8,190万円
解体費:4,150万円
学生寮整備費:4,040万円
弓削高等学校の存続に向け、学生を確保する必要があり、県外などからの学生が、安心して島で生活が送れるように学生寮を整備します。

◇港湾改修・海岸メンテナンス事業(継続) 8,030万円
国の交付金を受け、港湾・海岸施設長寿命化計画に基づき改修を行い、港湾・海岸施設の延命化を図ります。

◆用語解説
・一般会計
福祉や教育、土木、農林水産や商工観光振興事業など町の基本的な行政運営を行う会計
・特別会計
独立採算による特定の事業を経理する会計
・企業会計
一般会計とは別に特定の収入支出により処理される会計

▽歳入
・自主財源
町税・手数料・使用料・財産収入・寄附金など、町が独自に調達できる財源
・依存財源
地方交付税のほか国や県に依存するかたちで調達する財源
・町税
町民の皆さまから納めていただいた税金
・地方交付税
どの地域でも一定の行政サービスを提供できるよう国から交付されるお金
・国庫支出金
町の事業に対して国から交付されるお金
・県支出金
町の事業に対して県から交付されるお金
・町債
長期にわたって利用する建物や道路の建設工事など町が大きな事業をするために借り入れるお金
・地方譲与税
国が徴収した税金を定められた基準により町へ譲与されるお金

▽歳出
・義務的経費
町の運営で必ず支払わなければならないお金
・投資的経費
施設や道路整備など、生活基盤を整えるために使うお金
・扶助費
社会保障制度の一環として、現金や物品などを支給する費用
・公債費
借入金の返済にかかる費用
・物件費
委託料や消耗品などにかかる費用
・繰出金
一般会計から特別会計へ繰り出す費用

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU