文字サイズ
自治体の皆さまへ

島おこし協力隊活動報告

5/35

愛媛県上島町

■町内にある空き家の利活用を目的としたNPO活動を始めています
令和2年度からの私の島おこし協力隊としてのミッションは「移住・定住促進」であり、空き家・空き地情報バンク(以下、空き家バンク)の運用など、空き家の問題にも関わってきました。このミッションで活動を始めるにあたって、任期の開始時から「やろう」と決めていたことが2つあります。
ひとつは、町内にある戸建て住宅全戸を対象とした、空き家に関する実態調査です。もうひとつが、協力隊の任期終了後にも空き家の利活用に関する活動を継続して行うために、民間の団体を設立することでした。
「古民家弓削の宿」の川畑良文さん、「ゲストハウスとこのま」の加藤康志さんをはじめとする方々と、上島町の空き家問題や移住促進について話し合うなかで、「NPOを立ち上げよう」ということになり、「特定非営利活動法人かみじま町空き家よくし隊」を設立することができました。

▽NPOかみじま町 空き家よくし隊
町内の空き家の多くは、利活用されないまま放置されています。そして、上島町へ移住を希望する方の中には、「住む場所がなかなか見つからない」という方がいらっしゃいます。私たちNPOが、利活用可能な空き家を「すぐに住むことができる状態」に整備することによって、上島町への移住希望者に住む場所を提供し、移住者の増加に貢献したいと考えています。
本年度にはまず、生名島の空き家を賃貸物件として使えるように整備し、また人口減少がすすむ高井神島の空き家を整備して「地域活性化拠点施設」として活用できないか模索しています。
協力隊の任期終了後には、町の空き家バンクへの物件の登録件数を増やし、空き家の流動性を高めるような動きを民間の立場で展開することができれば、と思っています。私たちのNPOは、ようやく動き始めたばかりです。町民の皆さまにはご指導のほど、よろしくお願いいたします。

島おこし協力隊 平田 浩司

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU