文字サイズ
自治体の皆さまへ

NEWS TOPICS

2/23

新潟県加茂市

■市民大学講座開講(5/17)
今年で45回目となる市民大学講座が開講しました。例年、文化会館小ホールで開催していましたが、新型感染症ワクチン接種会場のため、今年度は産業センターホールでの開催となりました。市民大学講座は全部で8講座開催し、全て受講した人には最終日に修了証書が渡されます。
初回は藤田市長が「加茂市の将来について」と題して、行財政健全化が必要な理由や取り組みと成果、隣接市町村間の人口の動きや、現在策定中の総合計画について講義を行いました。

■加茂の新しいイメージソングが出来ました(5/21)
市内の町おこしグループ「かも倶楽部」が企画し、構想から長い時間を掛けて制作したCD『見上げる空に』を携えて、シンガーソングライターのルゥさんと、かも倶楽部の飛田正玄さん、齋藤淳さんが市役所を表敬訪問しました。このCDは、本町にスタジオのあるオトノハコ株式会社さんがCD本体を、市内アーティストの長谷川優子さんがCDジャケットのイラストを制作するなど、多くの加茂の人の協力により完成しました。
CD売り上げの一部を社会福祉費寄附金として加茂市に寄附してくださるそうです。

■第55回雪椿まつりスタンプラリー抽選会(5/24)
今年の雪椿まつりはウイルス禍でも楽しんでいただけるよう、スマートフォンと専用アプリを使った非接触型のスタンプラリーを行いました。
初めての試みでしたが、アプリをダウンロードしたユーザーは762人、賞品応募者総数は346人でした。12個全てのスタンプを集めた雪椿賞の応募者は201人、9個以上必要の粟ヶ岳賞は82人、6個以上必要のこいのぼり賞は63人でした。抽選はパソコンを使って行われ、雪椿まつり実行委員の田邊良夫さんと斉藤正さんが操作を行いました。プログラムによりあっという間に結果が表示され、スタッフも含め一同驚いていました。賞品の発送は6月上旬から順次行っています。

■マスク専用アロマスプレーを寄贈(5/27)
アロマサロンの美星(きらら)様と市内で就労継続支援B型事業所を運営している株式会社sprite様、あらい接骨院様から連名で、マスク専用アロマスプレー200本を寄贈いただきました。
このスプレーは、マスクに吹き付けることで良い香りを身に着け、マスクによるストレスの軽減などが期待出来るそうです。表敬に訪れた美星の長谷部えりかさんが当初一人で製造・販売していましたが、製造が追いつかず、あらい接骨院様からの紹介でsprite様へ組み立て・梱包をお願いしたとのこと。spriteの渡辺慎吾さんは、工賃単価の高い商品のため事業所利用者への還元も多いので喜ばれています、と話しました。
なお、このスプレーはふるさと加茂応援寄附金返礼品としての取り扱いを予定しています。

■株式会社堀内組様からご寄附いただきました(6/2)
昨年、創業110周年を記念して市に110万円のご寄附をくださった株式会社堀内組様から、この度あらためて10万円のご寄附をいただきました。「子ども達の為に役立ててほしい」との堀内大祐社長の言葉に、藤田市長は図書館の大型絵本を充実させたいことを伝えました。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU