文字サイズ
自治体の皆さまへ

Related Group’s Message 関係団体からのお便り

7/20

岩手県軽米町

■在京軽米会だより
軽米に感謝…!!
安藤浩さん(上新町行政区出身)寄稿

軽米を出て42年が過ぎました。1980年に軽米高校を卒業する際、航空自衛隊のパイロット養成制度である『航空学生』課程に運良く合格できたおかげで、戦闘機パイロットとして勤務し、北は北海道千歳市から南は沖縄県那覇市まで、全国を巡ることができました。
今年3月に還暦を迎えましたが、社外のバスケチームでの練習や会社の同僚たちとのゴルフ、軽高同窓会東京支部への参加など、元気に活動しています。これも両親からもらった体と、軽米で生まれ育ったからこそだと、改めて感謝しています。年明けの懇親会で、地域おこし協力隊のお二人が、軽米を盛り上げようと頑張っていることを知りました。私も微力ながら、町の外から軽米を応援していきたいと思っています。

■姉妹町だより
新しい道の駅がオープン

「道の駅おとふけ なつぞらのふる里」が4月15日にグランドオープンしました。
オープニングセレモニーのほか、NHK連続テレビ小説「なつぞら」に出演した森崎博之(ひろゆき)さんと福地桃子(ももこ)さんのトークショーや「北十勝4町道の駅名物・特産品大集合(かみしほろ・うりまく・しかおい・ピア21しほろ・ガーデンスパ十勝川温泉)」などのイベントも開催。多くの人が新しい道の駅を満喫しました。

▽北海道音更町(おとふけちょう)
十勝平野のほぼ中央に位置し、人口約43,000人。自然豊かでじゃがいもや玉ねぎなどが特産。当町とは、1985年10月31日から姉妹提携し、小学生の宿泊研修やイベントなどで相互交流を行っている。応援大使は、同町出身で日本テレビアナウンサーの滝菜月さん。

■軽高だより
今年は38人の新入生が入学

軽米高校の令和4年度入学式が4月7日に行われ、1組19人、2組19人の計38人が新軽高生となりました(新入生の内訳:軽米町34人、二戸市2人、八戸市2人)。新入生を代表し、明石佳大(あかいしよしひろ)さんが誓いの言葉を述べました。
新入生の皆さんには、「風雪に耐え大いなる未来を拓かん」の校是のもと、軽米高校で将来の目標を見つけ、夢と希望のある充実した3年間を過ごしてほしいと思います。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU