文字サイズ
自治体の皆さまへ

お知らせ(3)

3/4

福島県国見町

■マイナポイントの手続きを支援します
マイナポイント第2弾(令和4年1月から実施)について、第1弾(令和2年9月~令和3年12月実施)に引き続き、町職員による手続き支援を行っています。
※予約は不要ですが、混雑状況によってはお待たせする場合があります。

▽支援窓口
場所:国見町役場2階企画調整課
時間:午前8時30分から午後5時15分(土日祝日を除く)
必要なもの:マイナンバーカード、マイナンバーカードのパスワード、マイナポイントを申し込むキャッシュレス決済サービスのカードやアプリ等

▽マイナポイント第2弾について

・令和4年1月時点では(1)のみ実施中です。
・マイナポイント第1弾に申し込んだ方で、上限(5,000円相当)までポイントが付与されていない方は、令和4年1月以降の利用(チャージ又はお買い物)もポイント付与の対象となります。

問合せ:
・マイナンバー総合フリーダイヤル(マイナポイント全般について)【電話】0120-95-0178
※音声案内に従い「5番」を選択してください。
・企画調整課総合政策係(町のマイナポイント手続き支援について)【電話】585-2217

■一部損壊住宅修理支援事業の申請受付期限が延長されました
令和3年福島県沖地震により、準半壊に至らない(一部損壊)被害を受けた世帯が、日常生活に必要な最小限度の部分を応急的に修理した場合(20万円以上)、費用の一部を支給する(定額10万円)一部損壊住宅修理支援事業について、申請受付期限が延長されました。
申請受付期限:令和4年3月10日(木)

問合せ:建設課管理係
【電話】585-2972

■ガラスバッジ(放射線積算線量計)測定結果の集計
令和3年8月1日から10月31日まで実施したガラスバッジの測定結果について、町全体の集計をまとめ、専門家で構成される福島県「放射線と健康」アドバイザリーグループへ測定結果と被ばくを避ける方法について助言を依頼し、次のコメントをいただきましたので報告します。

▽配布・回収
測定希望者121名に配布し、120名回収した結果の集計になります。(回収率99.2%)
紛失した方(1名)の結果は含まれません。

▽測定結果・割合
最低値は未検出、最高値は0.1mSv。
※mSv=ミリシーベルト

▽結果数値の見方について
・個人追加被ばく線量の表示が「X(エックス)」の場合、検出限界未満であることを示します。
・個人追加被ばく線量の数値は、小数点以下第2位を四捨五入したものです。
(例)0.05mSv以上0.15mSv未満⇒0.1mSvと表示
・自然放射線は除いた外部被ばく線量を示す数値です。

▽アドバイザリーグループからのコメント
1.測定結果について
今回の測定は、現状における約3か月間の積算線量を把握するためのものでしたが、健康への影響が心配されるレベルの線量の方はいませんでした。

2.日常生活のうえで被ばくを避ける具体的な方法について
日常生活で外部被ばくを避けるには、放射性物質から離れること、空間線量率が高い場所にいる時間を短くすることが効果的です。現状の線量は健康への影響を考慮しなければならないレベルよりも十分に低いですが、さらに線量を下げることを希望される場合、日常生活で長時間生活する場所(自宅など)の線量を細かく計測してみてもよいかもしれません。
また、内部被ばくを避ける方法については、福島県では食品中の放射性セシウムについて現在も放射性物質検査を実施しており、基準値を超えるものは市場に出回ることはありません。
ただし、自分で作った野菜や採取した野生のきのこ類、山菜などで線量が気になる場合は、お住まいの市町村に相談のうえ測定してみてはいかがでしょうか。

問合せ:ほけん課保健係
【電話】585-2783

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU