文字サイズ
自治体の皆さまへ

町長コラム 真(ま)こらむ 第6回

32/32

福島県国見町

■「観月台のベーゼンドルファー(vol.1)」
国見フラウェンの50周年記念演奏会を聴きながら、ベーゼンドルファー290・インペリアルを見る。やっぱり、思い出す…。このピアノを観月台に迎えるための取り組みは、冨永町長の「ピアノ?そんなもんいらん!」の一言から始まる。平成5年1月。観月台より先に開館した伊達町ふるさと会館はジャズ、フュージョン、ロックのホールを、観月台は反響板を持ち、クラシックもかなうホールを目指す。だから観月台には、コンサート用ピアノがどうしても必要だった。
ベーゼンドルファーの音色に魅せられた。このピアノは観月台の顔になる。町の品格とイメージ発信に直結する。そう直感。ほかのピアノは眼中に置かなかった。安藤係長、引地の音楽の扉を開けてくれた板垣先生、国見フラウェンの阿部さんたちと戦略を練る。何度も跳ね返される。1年後、ピアノ検討委員会の設置が認められる。委員には「サッちゃん」や「犬のおまわりさん」を作曲した重鎮も加わる。「小さな町の、この程度のホールは国産ピアノで十分」と重鎮。「国見だからこそベーゼンドルファーが必要」と板垣先生。じっと二人の白熱を聞く冨永町長…。
引地真

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU