文字サイズ
自治体の皆さまへ

保健のページ

52/65

岡山県倉敷市

■ノロウイルスによる感染性胃腸炎に注意!
ノロウイルスは冬場を中心に流行します。感染力が非常に強いため、家庭内での感染や集団感染に注意が必要です。食品からだけでなく、人からも感染します。体内にウイルスが入ってから24~48時間で吐き気や嘔吐(おうと)、下痢、腹痛が発生し、軽い発熱を伴うこともあります。

◇対策のポイント
(1)手洗い
調理前やトイレの後、便・尿の処理の後は、せっけんを使って20秒以上洗う。ノロウイルスには、アルコール性手指消毒剤の効果は期待できません。

(2)食品の加熱など
食材の中心部まで85°C以上で90秒以上加熱する。二枚貝などを生食する場合には、生食用のものか確認する。乳幼児や高齢者は、二枚貝など感染の恐れのある食品の生食は控える。

(3)調理器具の消毒
85°C以上の熱湯で1分以上煮沸するか、家庭用塩素系漂白剤で消毒する。

(4)早めに受診
乳幼児や高齢者は重症化しやすいため、早めに医療機関を受診する。

◇便や嘔吐物を処理するときの注意点
感染した便や嘔吐物には大量のウイルスが含まれています。使い捨て手袋・マスクを着用し、ペーパータオルなどで外側から内側に向けて拭き取り、ビニール袋などで密封して捨ててください。汚れた床や衣類などは、次亜塩素酸ナトリウム液(濃度0・05パーセントに薄めたもの)で消毒し、処理後は十分に手を洗いましょう。次亜塩素酸ナトリウムを含む家庭用塩素系漂白剤でも代用できます。使用の際は、製品のパッケージなどに記載してある「使用量の目安」や「使用上の注意」などを確認してください。

問合せ:市保健所保健課感染症係
【電話】434-9810

■ヒートショックを防ぎましょう
ヒートショックとは、暖かい部屋から寒い部屋への移動など、温度の急激な変化により、血圧が大きく変動することで起こる健康被害のことです。動脈硬化が進行した高齢者に多く、浴室やトイレで起こりやすいといわれています。特に、冬場の入浴では、暖かい居間と寒い浴室の温度差が大きく、熱を奪われまいとして血管が縮み、血圧が上がります。湯船に入ると血管が広がって、急に血圧が下がります。このように大きな血圧の変動があると、心臓に負担が掛かり、ヒートショックによる心筋梗塞や脳血管障害などが起きる危険性が高くなります。ヒートショックを予防するために、入浴時などは、次のような対策をしましょう。

◇ヒートショックを予防するためのポイント
・湯張り時に浴室を暖める…高い位置から、シャワーを使って浴槽へ湯を張ることで、浴室全体を暖めることができます。
・脱衣所やトイレを暖める…脱衣所は、使用前に暖房器具で暖めておく。トイレは暖房便座を利用することで、血圧の変動が少なくなります。
・風呂の湯の温度を41℃以下にする…高い温度の浴槽にいきなり入ると心臓に負担が掛かります。湯の温度を41℃以下にすることで、急激な血圧の変動を防ぐことができます。
・入浴前に家族に一声掛ける…同居家族がいる場合は、家族に一声掛けてから入浴することで、入浴中の体調悪化などの異変に早期に対応してもらうことができて安心です。
・入浴前に水分を取る
・掛け湯をしてから湯船に入る…心臓に遠い手や足から、掛け湯をするなどして、湯の温度に体を慣らしてから浴槽に入るようにしましょう。
・湯船に入るのは10分以内にする
・家の断熱性を高める
・廊下・玄関を暖める

問合せ:市保健所保健課総務係
【電話】434-9800

■市の健康診査・がん検診を受けましょう
令和4年1月末まで(乳がん・子宮頸(けい)がん検診は4年3月末まで)、市が実施するけんしんを受けることができます。受診の際は、「けんしん受診券」を必ず持参してください。実施医療機関など詳しくは、「倉敷けんしんガイド」か市ホームページで確認してください。

◇けんしん料金の減額
非課税世帯の人、新たに生活保護を受給する世帯の人は、事前に申請することで減額されます。

◇国保特定保健指導(無料)
国保特定健診の結果、生活習慣の改善が必要と判断された人に、市内実施機関で特定保健指導を行っています。対象者には利用券を送付します。この機会を利用し、生活習慣病を予防しましょう。

◇歯周病検診
対象:市内在住で、令和3年4月1日~4年3月31日に40・50・60・70歳になる人。対象者には、けんしん受診券を送付
料金:
・40・50・60歳…800円
・70歳…300円
※実施医療機関は、倉敷けんしんガイドで確認してください。

問合せ:
市保健所健康づくり課健康増進センター【電話】434-9866
倉敷【電話】434-9822・児島【電話】473-4371・玉島【電話】522-8113・水島【電話】446-1115・真備【電話】698-5111の各保健推進室
市ホームページ番号:94176

■妊婦歯科健康診査
おやこ健康手帳と同時に妊婦歯科健康診査依頼票を交付しています。できるだけ体調が安定している時期に受診してください。無料
対象:市内在住の妊婦

問合せ:
市保健所健康づくり課【電話】434-9868
倉敷【電話】434-9822・児島【電話】473-4371・玉島【電話】522-8113・水島【電話】446-1115・真備【電話】698-5111の各保健推進室

■歯科医による歯科訪問健康診査
対象:市内在住で、疾病や障がいにより歯科医院への通院が困難な在宅療養者であり、訪問による歯科健康診査ができる人。家族などの立ち会いが必要
料金:無料

問合せ:倉敷歯科医師会
【電話】422-2122

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU