文字サイズ
自治体の皆さまへ

市パートナーシップ宣誓制度を開始

17/76

岡山県倉敷市

市では、その人らしさが尊重され、多様な価値観や生き方を認め合う社会の実現を目指す取り組みの一つとして、令和3年12月1日から、市パートナーシップ宣誓制度を開始しました。
パートナーシップ宣誓制度とは、一方または双方が性的マイノリティーである2人が、互いを人生のパートナーとして、日常生活において相互に協力し合うことを約束した関係であることを、パートナーシップ宣誓書により宣誓し、市がその宣誓書を受領したことを証明するものです。手続きが完了すると、市営住宅入居申し込みや市民病院での対応、救急車の同乗について、所定の要件を満たした上で、パートナーとしての行政サービスを受けることができます。
※性的マイノリティーとは、体と心の性が一致しない、性愛の対象が必ずしも異性に向かわないなどの性自認・性的指向を持つ人を指します。

宣誓の要件:一方または双方が性的マイノリティーであり、双方が次の全てを満たす人。
(1)成年に達している
(2)市内に住民票がある
(3)配偶者(事実婚を含む)がいない、または宣誓対象のパートナー以外とのパートナーシップがない
(4)近親者同士でない
宣誓の手続き:宣誓の要件を確認の上、原則として宣誓希望日の7日前((土)(日)(祝)(休)除く)までに、電話かEメールで宣誓日を予約。必要書類など詳しくは、市ホームページで確認するか問い合わせを。

問合せ:本庁男女共同参画課
【電話】426-3105
【E-mail】gndeql@city.kurashiki.okayama.jp
市ホームページ番号:143641

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU