文字サイズ
自治体の皆さまへ

復興のあゆみ

5/27

熊本県相良村

■第2回避難訓練及び地区別住民懇談会を開催しました
10月24日(日)に第2回となる避難訓練及び地区別住民懇談会を林業総合センターにおいて上四浦・中四浦・初神・下四浦の4地区、川辺構造改善センターにおいて上川上・松馬場・上園の3地区を対象に開催しました。
当日は、午前8時50分に避難指示の放送を行い、地元消防団が積載車などで各地区を回り避難の呼びかけを行い地区住民はそれぞれの会場へ。人吉下球磨消防組合中分署から早期避難啓発のプレゼンテーションがあり、その後地区内の危険箇所・安全な避難地及び避難路などについて話し合い地図上に書き込みながら確認していきました。
各地区の主な話し合い結果については、次のとおりで今年度中に策定する復興むらづくり計画に反映させていく予定です。

■農地の災害復旧工事がはじまりました
昨年の豪雨において、被災した農地の災害復旧工事が本格的にはじまりました。

〔工事箇所(R3.11.1現在)〕

■村道大曲線が通行可能となりました
昨年の豪雨において、道路路肩が崩壊し通行止めとなっていた村道大曲線の災害復旧工事が完了し、1年4ヶ月振りに通行可能となりました。

■復興への思い音色にのせて 西村地区トランペットコンサート開催
11月3日(水)柳瀬西村地区集会場で、日本国内外を問わず活躍されているトランぺッターの田尻大喜さんがコンサートを開催しました。同地区で被災者支援を続けられている東京都熊本県人会の桑原崇さんとのつながりがあっての開催で、被災直後の令和2年9月を含め、今回は2度目のコンサート。北九州市のドラマー乙藤健太さんも出演し、3時からのコンサートには、およそ50人が参加しました。田尻さんは「短い時間ですが、みなさんが笑顔になってくれるようなコンサートにしたいです」とあいさつ。シューベルト作曲「アヴェマリア」から始まり、東日本大震災の復興チャリティーソング「花は咲く」、自身で作曲された「Into the blue」「ソラシドレインボー」などを演奏されました。「ソラシドレインボー」は、田尻さんがコロナ禍でライブ活動が出来ず落ち込んでいるときに、虹を見て、思い浮かんだもの。“雨が降った後には虹が出る。相良村のために”との想いが込められています。アンコールには「上を向いて歩こう」が演奏され、トランペットの音色に乗せて被災された方々に温かい心が届けられました。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU