文字サイズ
自治体の皆さまへ

公共交通~アンケート調査を実施しました~(1)

3/26

静岡県下田市

市では、昨年度から2か年をかけて現状の公共交通計画の検証を行い、新たな「下田市地域公共交通計画」の策定を行っています。
この計画の策定に向け、令和3年12月にアンケート調査を実施しました。配布5,000票に対して、回答数:2,050票、回収率:41.0%と、多くの市民の方にご協力いただき、誠にありがとうございました。
今後、下田市における公共交通のあり方や、必要な施策を定める際の基礎資料とさせて頂きます。

通勤・通学や通院等、私たちの生活に欠かすことのできない公共交通。しかし、近年、公共交通の利用者は減少し続け、存続が危ぶまれています。皆さまも公共交通について、一緒に考えてみませんか?

■下田市における地域公共交通の現状
公共交通利用者は年々減少傾向にあり、新型コロナウイルス感染拡大以降、特に厳しい状況です。人口減少等により、今後、さらなる利用者の減少が想定されています。
市としては、バスの運行等に対し財政負担を行い、路線の維持に努めていますが、このまま利用者の減少が続くと、路線の維持が困難となってしまいます。
一方で、自動車が運転できない交通弱者や、観光面での公共交通利便性の確保も重要な課題です。
今後、持続可能な交通体系の構築に向けた施策が必要となっています。

◇公共交通の利用者は全体の1割程度
アンケート調査の結果、公共交通を定期的に(月2~3回以上)利用する方は、回答者のうち1割程度でした。

・グラフ(1)
公共交通利用状況

※グラフ中のnは回答者数を表しています

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU