文字サイズ
自治体の皆さまへ

全国市長会会長の動き《その50》

19/39

福島県相馬市

立谷市長は、令和4年6月、全国市長会会長に再任しました。ここでは、全国市長会会長としての活動の一部を紹介します。

■活動報告
第2回「国と地方の協議の場」

立谷市長は10月25日、令和4年度第2回「国と地方の協議の場」に出席し、デジタル田園都市国家構想の推進と地方創生および新型コロナウイルス感染症対策について協議を行いました。
立谷市長は全国市長会の意見として次のとおり述べました。
・オミクロン株対応型ワクチンについて、BA1対応型とBA4/5対応型は同等の効果があるということ、また、副反応についての公表と周知、対策についてしっかりと情報提供すること
・生後6カ月から4歳までの新型コロナワクチン接種の円滑な実施のため、効果や安全性について強く情報発信をすること
・デジタル田園都市国家構想を推進するとともに、従来の地方創生の取り組みに対する支援を継続すること
・交付金とマイナンバーカードの取得率を関連付けることを心配する声があるため、しっかりとした対応をとること

問い合わせ先:秘書課
【電話】37-2115

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU