文字サイズ
自治体の皆さまへ

大子清流高校生が「どこでもかご~地域を救うWOODなボックス~」で受賞

6/26

茨城県大子町

■地方創生☆政策アイディアコンテスト2021
地方創生☆政策アイディアコンテストとは、RESAS(※)やV-RESASを活用した地域課題の分析を踏まえ、地域を元気にするような政策アイデアを募集するコンテストです。
大子清流高校の自然科学部2年の菊地咲良さん、荒槇萌さん、菊池茉莉さん、佐藤陽帆さんの4人が大子町の現状や課題の分析を行い、町の主要産業である林業に着目し、木の素材を生かした「どこでもかご」を開発し、コンテストに応募しました。
どこでもかごは、アウトドア用品やいす、買い物かごとして多様に変化し、木材を使用しているのでSDGsの観点からもエコな商品です。
最終審査会では、地域課題や現状などを詳しく分析し、商品化へのプロセスを的確にプレゼンをした結果、「どこでもかご~地球を救うWOODなボックス~」は、高校生・中学生以下の部で協賛企業賞(日本政策投資銀行賞)を受賞しました。
最終審査会の様子は、ニコニコ生放送でアーカイブ映像がご覧になれます。

※地域経済分析システム(RESAS:リーサス)は人口動態や産業構造、人の流れなどの官民ビッグデータを集約し、可視化するシステムで、地方創生のさまざまな取り組みを情報面から支援するために、経済産業省と内閣官房が提供しています。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU