文字サイズ
自治体の皆さまへ

市役所インフォメーションーお知らせ(2)

5/26

長崎県対馬市

■STOP!DV(家庭内暴力)・児童虐待
外出規制や休業要請が行われる中での生活不安やストレスから、DV被害や児童虐待が懸念されています。もし、あなたの大切な人が悩んでいたら、ひとりで悩まず相談窓口があることを教えてあげてください。ひとりでは気付かなかった解決方法が、見つかるかもしれません。

【相談ナビダイヤル受付時間:月~金/9:00~17:45】
DVに関する相談【電話】♯8008(はれれば)
子どもの虐待に関する相談【電話】189※虐待通告は24時間365日対応

◇令和3年度男女共同参画週間キャッチフレーズ

6月23日から29日は男女共同参画週間です。

問い合わせ:対馬市男女共同参画推進懇話会事務局(総務課内)
【電話】0920-53-6111

■給水装置に係る工事は「対馬市水道局指定給水装置工事事業者」に相談しましょう

1.新築などで新しく水道を引くときや、増改築などにより蛇口を増やしたり、水道管を引き直したりするとき
2.漏水など、敷地内の水道管を修繕するとき
3.水道の口径を変更するとき
4.家屋の取り壊しなどにより水道の使用を停止し、装置を取り外すとき※取り壊し時も届出が必要です。

このような時は、対馬市水道局指定給水装置工事事業者へ依頼してください。工事などに必要な手続きも、皆さんに代わり全て行います。なお、敷地内の水道管などの給水装置は、所有者の責任で管理いただいています。修繕費用についても所有者負担となりますので、ご了承ください。

◇対馬市水道局指定給水装置工事事業者一覧(令和3年5月31日現在)

◇水を大切にしましょう!
「水」は毎日の生活に欠かすことができない大切な「宝」です。快適で豊かな暮らしを支える水は一日として欠かすことはできません。蛇口をひねれば、必要な時に必要なだけ使える水道水ですが、水も限られた資源のひとつです。限りある水を有効に利用し、日々の暮らしをより豊かなものとするために、一人一人が大切に利用する習慣を身につけましょう。

問い合わせ:水道局
【電話】0920-52-0943

■一般不妊・不育症・特定不妊治療費助成事業の対象者が拡大されました
不妊・不育治療を受けられるご夫婦の経済的・精神的負担軽減を図るため、令和2年5月1日から治療費の助成を行っています。令和3年1月1日以降に終了した治療の助成については、所得制限がなくなり、事実婚夫婦も対象となりますのでご活用ください。
助成の対象となる方や助成額、申請方法等については、下記までお問い合わせください。

◇一般不妊・不育症・特定不妊治療とは?
一般不妊治療:不妊症の治療法のうち、人工授精や、人工授精に伴う検査・治療のことです。
不育症治療:抗リン脂質抗体症候群や子宮形態異常、甲状腺機能異常など医師が不育症と判断し、行う治療のことです。
特定不妊治療:不妊症の治療法のうち、体外受精および顕微授精のことです。

問い合わせ:いきいき健康課
【電話】0920-52-4888

■フェリー新造船「うみてらし」が就航します
7月1日(木)から、比田勝⇔博多航路の「フェリーげんかい」に替わる新造船「うみてらし」が就航します。
航海時間が4時間55分となり、55分短縮されることで、比田勝港での入出港時刻が変更となりますので、乗船される際は、お間違えの無いようご注意ください。

◇7月~10月ダイヤ
・比田勝発16:00 博多着20:55
・博多発22:30 比田勝着03:25

問い合わせ:
九州郵船(本社)【電話】092-281-0831
比田勝港(博多海陸)【電話】0920-86-2440
九州郵船(対馬支店)【電話】0920-52-0001
対馬市地域づくり課【電話】0920-53-6111

■「里親出前講座」を開催します
様々な事情で親と離れて暮らさなければならない子どもを家族の一員として迎え入れ、深い愛情と理解をもって育ててくださる方を里親といいます。
多くの子どもたちが家庭的な環境で暮らせるよう、里親制度を推進するための講座で、制度の説明や里親体験談などを聞くことができます。
日時:7月6日(火)14:00~15:00まで
場所:対馬市交流センター4階視聴覚室

問い合わせ:
長崎県里親育成センター「すくすく」【電話】0957-53-7343
こども未来課【電話】0920-58-1117

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU