文字サイズ
自治体の皆さまへ

《健康情報コーナー》ヘルスあっぷメモ

34/46

栃木県栃木市

■小児の生活習慣病を予防しよう!
般的に成人の病気と思われていた、メタボリックシンドロームや2型糖尿病、高血圧などの生活習慣病が子どもたちの間で増えています。その原因となる、過食・偏食や運動不足、夜型の生活リズムなどの生活習慣の乱れは、年齢が上がるにつれ改善が難しくなります。
子どものうちから規則正しい生活習慣を身に付け、小児の生活習慣病を予防しましょう。

●生活習慣病を予防するための3つのポイント!
▽食事 (1)1日3食、きちんと食べること食べること
1日3食規則正しく食べることが大切です。そして、野菜類をできるだけ摂取するなど、食事のバランスをとるよう心掛けましょう。また、スナック菓子やジュースなどを控えることも重要です。

▽運動 (2)たくさんからだを動かすこと動かすこと
30分早起きして親子でラジオ体操や散歩、縄跳びやキャッチボールなど、親子で運動をするための時間をつくりましょう。
親子のコミュニケーションは、ストレス解消などにも効果的です。

▽睡眠 (3)しっかり眠ること
睡眠不足は肥満になりやすいと言われています。
質のいい睡眠が取れるように心がけ、早寝・早起きの習慣を身につけさせましょう。そうすることで規則正しい生活が送れると共に、良質な睡眠が取れるようになります。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU