文字サイズ
自治体の皆さまへ

くらしの窓

13/46

栃木県栃木市

■令和4年(2022年)4月1日から成年年齢が18歳になります!~PartI 成年になったらできること~
民法が改正され、2022年4月から成年年齢が20歳から18歳に引き下げられます。これにより、2002年4月2日~2004年4月1日生まれの18歳と19歳の人も、法律上は大人として扱われることになります。

■成人になるってどんなこと?
成年年齢(18歳)に達した人は、法律上は親権に従わなくてもよいので、親の同意を得なくても、自分の意思で契約を結ぶなど、様々なことができるようになりますが、自身の行動に責任を負うことにもなります。

▽18歳になったらできること
・クレジットカードを作る
・ローンを組んで買い物をする
・アパートを借りる
・結婚(女性の結婚年齢 16歳→18歳へ)

▽20歳にならないとできないこと
・お酒を飲む
・タバコを吸う
・公営ギャンブルをする

■「未成年」と「成年」の違いって?
未成年の契約には、原則、親などの法定代理人の同意が必要です。未成年者が法定代理人の同意を得ずに契約した場合に、契約を取り消すことができる権利(未成年者取消権)が行使できます。今後は、18歳になると未成年者取消権が行使できなくなります。
今回の改正で、成年に達したばかりの若者をねらう悪質事業者は少なくありません。「新成人」は契約に関する知識や経験が不足しているため、トラブルが心配されています。スマホやSNSの情報をきっかけに、トラブルに巻き込まれることもあるので注意しましょう。

■トラブルになった際には、基本的に自分で解決しなければなりません。
トラブルにあわないために、契約に関する様々なルールを知ったうえで、その契約が本当に必要かどうか、よく検討することが大切です。
困ったときは一人で悩まず、家族や消費生活センターに相談しましょう。

次号は「PartII~クレジット契約の仕組みと注意点~」をお届けします。

問合せ:消費生活センター(本庁舎2階)
【電話】23-8899【FAX】23-8820

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU