文字サイズ
自治体の皆さまへ

まちの話題 PHOTO NEWS

4/42

茨城県利根町

■優勝を目指して日頃の練習の成果を発揮!
利根グラウンドゴルフ大会

昨年11月12日、利根浄化センターの多目的広場において、第17回いきいきクラブ利根グラウンドゴルフ大会(利根老連主催)が開催されました。
秋晴で絶好のスポーツ日和となった当日は118名が参加。日ごろの練習の成果を遺憾なく発揮し、仲間たちの応援にも熱が入りました。
ホールインワンなど、数々の素晴らしいプレイもさることながら、何よりも「いきいき」とした参加者の姿が印象に残った大会となりました。

■布川神社氏子主催
布川神社七五三合同参拝

昨年11月14日、布川神社において、令和3年度布川神社七五三合同参拝(布川神社氏子主催)が行われ、集まった子どもたちのこれからの健やかな成長を願い、祝いました。
当日は、穏やかな秋晴れのもと丹精こめた色とりどりの菊の花が参拝者を迎え、子どもたちの成長を願い宮司さんよりご祈祷を受けました。参拝後、みんなで記念撮影を行いました。保護者の方も、子どもの晴れ姿に終始笑顔で、現場は和やかな雰囲気となっていました。

■町民の手により町がきれいに!
利根町クリーン作戦実施

昨年10月31日、「利根町クリーン作戦」が「関東地方環境美化運動の日」統一美化キャンペーンの一環として実施されました。例年5月末日に実施するところですが、新型コロナウイルス感染予防の観点から10月に延期して実施することとなりました。
早朝から町内各地区で道路沿いに捨てられた空き缶やペットボトルなどのごみ拾いが行われ、総勢2,152人の皆さまに参加いただき、約4.8トンのごみが収集されました。
肌寒い季節のなか、参加者の皆さまには、クリーン作戦にご協力いただきありがとうございました。今後とも、環境保全活動へのご理解とご協力をお願いします。

■利根町リハビリ体操指導士の会
シルバ―リハビリ体操講演会

昨年11月16日、利根町リハビリ体操指導士の会の研修として、所先生(理学療法士)をお招きして、『フレイルの知識とシルバーリハビリ体操教室の重要性』をテーマに講演いただきました。今回はコロナ禍の中、人数制限をしての開催となりましたが、利根町および龍ケ崎のリハビリ体操指導士約60名が参加しました。先生はフレイルの対策として、外出の場・集まりの場・効果のある運動ができる場であるシルバーリハビリ体操教室は、最適な場であると強調され、ユーモアを交えて分かりやすくお話してくださり、皆熱心に聞いていました。
講演終了後は、龍ケ崎指導士の方々との交流会を実施し、活発な意見交換を行うことができました。

■町内ドラッグストア2社と締結
災害時における物資の供給協定を締結

町内のドラッグストア、株式会社マツモトキヨシと株式会社サンドラッグの2社と「災害時における物資の供給協力に関する協定」を締結しました。この協定は、町内で災害が発生した場合、被災住民などを救援するための物資を、迅速かつ円滑に調達し、供給することについて定めたものです。
調達可能な物資の範囲は、2社ともに医薬品、食料品、飲料水、日用生活品などとなっており、今後の大規模災害に備え、当町の災害対策の充実を図るものです。
昨年11月22日に、役場町長公室で株式会社サンドラッグと協定締結式が行われ、締結式で、小中営業部部長代理は、「当社の物流網を有効に活用し、万が一の災害が発生した場合、皆さまにご安心いただけるよう、迅速にご対応できればと思っております。」と述べられました。
また、佐々木町長は、「本協定の締結により、医薬品などの物資供給を強化することができ、今後起こりうる災害への備えや対応において、町民にとって、非常に心強いものとなりました。」とあいさつをしました。

■稲敷地区6市町村放射能対策協議会
東電に損害賠償請求を!

昨年11月16日、龍ケ崎消防署において、牛久市、稲敷市、龍ケ崎市、利根町、阿見町、美浦村の6市町村で構成する「稲敷地区6市町村放射能対策協議会(会長 根本洋治牛久市長)は、東京電力ホールディングス(株)に令和2年度分の放射能対策に要した経費の損害賠償請求を行いました。
請求書を手渡した後、意見交換が行われ各首長から賠償に関する質疑や対応について意見が出され、東京電力ホールディングス(株)福島本部福島原子力補償相談室公共補償センター竹元一義所長から内容を確認し適切に対応したい旨のお話がありました。

■危険業務従事者叙勲
瑞宝双光章を受章されました

▽警察官や自衛官など危険性が高い業務に尽力した元公務員を対象とする『危険業務従事者叙勲』が発表されました。
・小嶋伸良さん
この度は、皆さまのおかげで瑞宝双光章をいただくことができました。
今後もこの栄誉に恥じぬよう一層精進してまいります。
ありがとうございました。

・村田孝俊さん
此度は、はからずも拝受の栄に浴し身に余る光栄と厚く御礼を申し上げます。
これもひとえに支えて下さった皆様方の御指導、御鞭撻の賜物と改めて感謝申し上げます。
残された人生、「俺が俺がの我を捨ててお陰お陰の下で暮らす」心づもりでこの栄誉に恥じぬ様一層精進してまいる所存です。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU