文字サイズ
自治体の皆さまへ

新春のごあいさつ

3/42

茨城県利根町

■利根町長 佐々木 喜章

新年おめでとうございます。町民の皆さまにおかれましては、穏やかな新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。
さて、今年の干支は「壬寅」です。厳しい冬を越え、春の芽吹きは生命力に溢れ、華々しく生まれる年になると言われています。皆さまとともに、コロナ禍という難局を乗り越え、その先にある明るい未来を切り拓く、そのような年になることを願っております。
町としても、すでに新たな事業に着手しております。まず、令和4年度からは「ふれ愛タクシー」を1台増車し、行き先に「JAとりで総合医療センター」を追加します。これは、公共交通アンケート調査結果において、同センターへの運行の要望が多かったことから、関係機関との調整や交渉を粘り強く行ってきた結果、実現することができたものです。
次に、コロナ禍で落ち込んだ気持ちや、さまざまな状況を盛り上げるべく、各種イベントの再開や、アフターコロナを見据えた新事業を展開し、町の活性化に力を注いでまいります。新たな事業といたしましては、愛犬を自由に遊ばせることのできる施設「ドッグラン」を本年4月に開設いたします。また、創業支援事業として、空き店舗を活用したインキュベーション施設を整備し、「チャレンジショップ」の貸し出しを開始するほか、起業塾の開催など、町内で創業を目指す新規起業者などの支援体制を整えてまいります。
学校教育においては、来年4月に、小学校統合により「利根小学校」が開校となります。統合準備委員会を中心とした関係者の皆さまには、時間を惜しまずご協力いただいていることから、統合に向けた準備が順調に進んでおります。併せて、統合により閉校となる文小学校と文間小学校についても、町民の方々を中心とした検討委員会を設け、その利活用方法の検討を進めております。
今後も、未来を担う子ども達が安心して学校生活が送れるよう教育環境の充実に努めてまいります。
本年も引き続き、「ともに創ろうみんなが住みたくなるまち とね」の実現に向け、活力あるまちを皆さまとともに創り上げていきたいと思っておりますので、一層のご理解・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
結びに、本年が明るく希望に満ちた年となりますよう祈念申し上げまして、新年のご挨拶といたします。

■利根町議会議長 新井 邦弘

明けましておめでとうございます。町民の皆さまには、新春を晴れやかにお迎えのことと心よりお慶び申し上げます。
また、日頃から町議会に対し、深いご理解とご協力を賜り、議員一同厚く御礼を申し上げます。
他方、一昨年に引き続き、新型コロナウイルス感染症により、未だ治療に専念されております方々に対しましては、心よりお見舞いを申し上げます。また、このような局面において、町内医療従事者の方々におかれましては、この感染症の多岐にわたる課題の対応へのご尽力に対して本議会を代表し、心から敬意と感謝を表する次第であります。
さて、昨年は新型コロナウイルス感染の影響により、町民の皆さまにおかれましても生活場面でのマスク着用、外出の自粛、イベントなどの開催中止など、これまでの日常が非日常となった一年間を過ごされたものと思われます。
本町議会においても、コロナ禍における議員活動の自粛制限が余儀なくされる中、定例議会からは、インターネットによるライブ配信を開始し、パソコンやスマートフォンなどでご覧いただけるようになりました。
町議会としましては、予算や条例などの町執行部からの議案に対して、今後、議会における議論に町民の皆さまの意見を反映させることが重要だと考え、そのために、住民との接点、議会活動の見える化、議会運営の充実などに取り組んでいきたいと思います。
本年も、本議会が一丸となって、行政側と活発な議論を進めて参りますので、一層のご支援ご協力を賜りますようお願い申し上げますとともに、何よりも町民の皆さま方がご健勝で幸多い素晴らしい一年でありますよう心からお祈り申し上げ、新春のご挨拶とさせていただきます。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU