ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

敬老祝金を見直しました

32/36

静岡県三島市 ホームページ利用規約等

問合せ 長寿介護課 電話 983・2609

 三島市に1年以上居住する75歳以上の人に毎年一律に贈呈していた敬老祝金を見直し、金額を増やしたうえで一定の節目ごとに贈呈し長寿を祝います。
 見直しによる捻出額は、高齢者が住み慣れた地域で安心して生活を続けるための「地域包括ケアシステム(※左下参照)」の構築など、高齢者からお孫さんまで、未来を見据えた福祉事業に役立てます。

◯受給対象者と金額
1)77歳・88歳の人
金額  1万円
【対象となる人】
 基準日の9月15日時点で満77歳または満88歳の人
2)100歳の人
金額  5万円
【対象となる人】
 年度中に100歳の誕生日を迎えた人(満100歳)

◯受け取り方法
◯窓口にお越しください
 各地区の公民館や市役所に一定期間専用窓口を設け、申請受付後に贈呈します。(代理も可、要通知持参)
 なお、100歳の人には、市長(または市職員)が自宅を訪問し、贈呈します。
【通知の送付】
 受給対象者には、会場・持ち物などを記載した事前通知を市から送ります。

捻出した予算は福祉の充実に

■主な新しく始まる事業
1) バス等利用助成事業の適用枠拡大(タクシー利用可に)
 
75歳以上の人は、バスなどのほかタクシーでも助成券が利用できるようになります。
2)「医療介護連携センター」の開設
 在宅で安心して医療や介護を受けられるよう、退院時にかかりつけ医を紹介したり、緩和ケアや見取りに関する専門相談機関として、三島市医師会内(南本町4・31)に開設します。
3)認知症高齢者見守り事業
 見守りが必要な高齢者に対し、希望によりシールを配布。シールを読み取ることで本人確認ができ、行方不明時などの早期発見や事故防止につなげます。
4)高齢者総合相談窓口の設置
 高齢者福祉に関する窓口です。専任の職員が対応し、介護認定や、事業の紹介など、必要なサービスを案内します。
5)おれんじほっとサロンの拡充
 認知症高齢者に関する相談や支援のためのサロンを市内に増設します。また、「認知症家族を支える会」を発足します。
6)生活支援コーディネーターの拡充
 関係団体と連携を図りながら、ゴミ出しなどの生活支援体制や、居場所づくりの整備を推進していきます。
7) 幼稚園保育料算定にかかる多子世帯保育料軽減の拡充
 世帯の所得や第1子の年齢の制限なしに、第2子を半額、第3子を無料にし、多子世帯の経済的負担を軽減します。

※地域包括ケアシステム
 医療・介護・予防・住まい・生活支援が一体的に提供される地域の仕組みづくり

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル