文字サイズ
自治体の皆さまへ

お知らせアラカルト「おしらせ」2

17/27

静岡県三島市 ホームページ利用規約等

■建物の地震対策に関する補助金が終了予定です
市で実施してきた無料の耐震診断事業は令和6年度をもって終了の予定です。
特に昭和56年以前の建物(いわゆる旧耐震物件)は、現在の耐震基準を満たさない可能性があります。旧耐震の基準で建築した木造住宅をお持ちの人は、早めにご相談ください。

問合せ:住宅政策課
【電話】983・2644

■公用車に広告を掲載してみませんか
市では、財源の確保と地域経済活性化を目的に、市の公用車へ企業広告を掲載する広告主を募集します。市内を主に走る公用車は、市民や地域に向けて団体や企業をPRする絶好の機会となります。
広告掲載募集車両:公用車のうち、広告未掲載車両19台
広告掲載料金:1台につき年額5万4000円(広告作成、貼り付け経費などは含まない)
掲載期間:広告掲載日から1年間(更新可)
注意事項:広告の作成および掲載、修復、撤去作業などに係る費用、三島市のロゴの移設が必要な場合の費用などは、すべて広告主の負担となります。
申込み:随時受付。申込書に広告案を添付し各車両の管理担当課
※申込書は各車両の管理担当課より直接、または市ホームページよりダウンロード

問合せ:政策企画課
【電話】983・2616

■介護職員初任者研修費等補助金
介護職員初任者研修課程または介護福祉士実務者研修を修了した人の研修受講料など、費用の一部を助成します。
対象:(1)~(5)すべてに該当する人
(1)市内在住
(2)交付申請が研修を修了した日の翌日から1年以内
(3)研修を修了した日の翌日から引き続き3カ月以上介護職員として市内の同一の介護施設などに就労し、交付申請時点で引き続き就労している
(4)市税の滞納がない
(5)研修の受講にあたり、国および他の地方公共団体からの経費の助成を受けない
補助金額:研修の受講料および教材費に係る費用の1/2(上限5万円)
※10円未満切り捨て
注意事項:予算に限りがあるため、本補助金を活用して研修受講を希望される人は、あらかじめご連絡ください。

申込み・問合せ:介護職員初任者研修費等補助金交付申請書に必要書類を添付し介護保険課
【電話】983・2607
※詳細および申請書・必要書類は市ホームページ

■三島市農商工連携・6次産業創出事業費補助金
農商工連携・6次産業化の取り組みとして、市の農畜産物を活用した新商品、新技術、新サービスの開発・提供などに要する経費の一部を補助します。
※詳細は市ホームページ
補助対象者:商工業者・本市に在住する農林業者(1次産業従事者)・関係団体など
補助金の上限額:1事業あたり40万円
補助対象期間:令和5年3月31日まで

申込み・問合せ:商工観光課
【電話】983・2766

■4月1日に「犯罪被害者等支援条例」が施行されました
条例では、犯罪の被害者やその家族が受けた被害を早期回復し、再び平穏な生活を取り戻すために、市における支援に関する基本理念、市および市民などの責務や、見舞金の支給をはじめとする基本的支援内容を定めています。もし犯罪の被害にあってしまったら、一人で悩まずご相談ください。

問合せ:地域協働・安全課
【電話】983・2765

■エシカル消費を知っていますか
エシカル消費とは、人・社会・地域・環境に配慮した消費行動のことです。
・人への配慮…障がい者支援につながる商品を選択する
・社会への配慮…売上金の一部が寄付につながる商品を選ぶ
・地域への配慮…地元の食材を選ぶ、被災地の特産品を選ぶ
・環境への配慮…マイバッグ・マイボトルを利用する、食品ロスを減らす、エコ商品を選ぶ
皆さん一人一人がエシカルな視点で行動することで、持続可能な開発目標(SDGs)の12番目の目標「つくる責任、つかう責任」を達成し、生産・流通・消費の過程で誰も何も犠牲にしない社会の実現につながります。

問合せ:市民生活相談センター
【電話】983・2621

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU