文字サイズ
自治体の皆さまへ

新型コロナウイルス感染症を乗り越えていくために(2)

16/43

東京都港区 ホームページ利用規約等

■郵送申請する際の郵送料を区が負担します
区民・事業者の皆さんが、区宛てに送る各種手続きの郵送料は、封筒に料金受取人払用の様式を貼って送ることで、区の負担となります。
料金受取人払の様式:港区ホームページに、料金受取人払用の様式を掲載しています。港区立図書館や、いきいきプラザでも配布しています。
実施期間:令和4年3月31日(木)投函(かん)分まで
その他:住民票等の証明書を郵送で申請する際の返信用封筒には切手の貼付が必要です。

問い合わせ:企画課企画担当
【電話】3578-2622

■新型コロナウイルス感染症に関連した偏見や差別をなくしましょう
新型コロナウイルス感染症の感染拡大による不安や恐れから、感染者や周辺の人たちへ根拠のない偏見や不当な差別等が全国で発生しています。
新型コロナウイルス感染症への不安があったとしても、差別的な行動をとってしまうことは決して許されないことです。

▼全国における偏見や不当な差別の実態
▽医療機関・介護施設、その従事者、家族等に対する偏見・差別
・感染者が発生した医療機関、医療従事者等へ誹ひ謗ぼう中傷、暴言等
・医療従事者等の子どもへのいじめ、保育所等の登園拒否

▽勤務先での偏見・差別
・検査陽性を理由とする雇い止め
・家族が入院した医療機関に感染者が入院していることによる出勤停止の要請等

▽インターネット、SNSでの偏見・差別
・感染者、家族の勤務先・行動履歴等の暴露、誤情報の拡散、国籍等による誹謗中傷等

▽報道での偏見・差別
・感染者と濃厚接触者の関係図示、感染者の職業や行動履歴の詳細の公表

▼相談はこちらへ
お互いを思いやり、正確な情報に基づいた冷静な判断、行動をお願いします。東京法務局や都では、電話またはインターネットによる相談を受け付けていますので、お気軽にご利用ください。
電話による相談:

インターネットによる相談:紙面又はHP記載の二次元コードをスマートフォンで読み取ると、「法務省インターネット人権相談受付窓口」のページに接続できます。

問い合わせ:総務課人権・男女平等参画係
【電話】3578-2027

■自宅にエアコンがない高齢者世帯の皆さんへエアコン購入設置費用を助成しています
熱中症および新型コロナウイルス感染症の重症化リスクの高い高齢者が安全・安心に在宅生活を送ることができるよう、自宅にエアコンがない高齢者世帯にエアコン購入・設置費用を助成します。
対象:次の条件を全て満たす世帯
(1)区内在住の65歳以上の1人暮らしまたは高齢者のみの世帯
※高齢者と障害者のみの世帯を含む。
(2)世帯全員が住民税非課税の世帯
(3)自宅にエアコンが1台も設置されていない、または故障により使用できるエアコンが1台もない世帯
対象機器:壁、窓枠等に固定して設置するエアコン
※自宅の構造上、設置困難な場合は可動式エアコンも可
対象経費:エアコン購入・設置費用
助成上限額:6万5000円(1世帯1回限り)
※エアコン購入・設置費用と6万5000円のいずれか少ない額
申請期間:9月30日(木)まで
申し込み:電話で、お住まいの地区の高齢者相談センターへ。

問い合わせ:
高齢者支援課在宅支援係【電話】3578-2400〜6
各高齢者相談センター
芝地区【電話】5232-0840
麻布地区【電話】3453-8032
赤坂地区【電話】5410-3415
高輪地区【電話】3449-9669
芝浦港南地区【電話】3450-5905

■発熱等の症状がある時や新型コロナウイルス感染症に関する外来受診等の相談先を紹介します
発熱の症状があるときや新型コロナウイルス感染症を疑う症状がある人の相談先は次のとおりです。

▼発熱や咳、息苦しさ(呼吸困難)強いだるさ(倦怠(けんたい)感)等の症状がある人
▽原則「かかりつけ医」に相談
「かかりつけ医」または地域の身近な医療機関に相談し、診療や検査を受診するか、「診療・検査医療機関」の紹介を受けます。地域の身近な医療機関については、東京都医療機関案内サービス「ひまわり」等で検索することができます。

▽「かかりつけ医」がない等、相談する医療機関に迷う場合
「東京都発熱相談センター」に相談し、「診療・検査医療機関」の紹介を受けます。
日時:24時間対応しています。
【電話】5320-4592

▼新型コロナウイルス感染症に関する一般的な電話相談
▽みなと保健所電話相談窓口
対象:区内在住・在勤・在学者
日時:祝日を除く月~金曜 午前8時30分~午後5時15分
【電話】3455-4461
聴覚障害がある人等の相談窓口【FAX】3455-4460

▽東京都電話相談窓口(新型コロナコールセンター)
日時:月~日曜 午前9時~午後10時(祝日を含む)
対応内容:感染の予防に関することや、新型コロナウイルス感染症に関する一般的な相談
【電話】0570-550571(ナビダイヤル) 多言語(日本語、英語、中国語、韓国語)対応
聴覚障害がある人等の相談窓口【FAX】5388-1396

▽厚生労働省電話相談窓口
日時:午前9時~午後9時 ※土・日曜、祝日も対応しています。
【電話】0120-565653(フリーダイヤル)

▼港区新型コロナこころのサポートダイヤル【電話】5333-3808
新型コロナウイルス感染症の流行が続いている中、ストレスや不眠等の心の不調について相談できる電話相談窓口です。
対象:区内在住・在勤・在学者
日時:祝日を除く月~金曜 午前9時~午後5時

問い合わせ:
保健予防課保健予防係【電話】6400-0081【FAX】3455-4460
・港区新型コロナこころのサポートダイヤルについて
健康推進課地域保健係【電話】6400-0084【FAX】3455-4460

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU