文字サイズ
自治体の皆さまへ

障害の特性を知ってください

18/43

東京都港区 ホームページ利用規約等

■ エスカレーターは立ち止まって乗りませんか

エスカレーターの右側を歩く人のために空けるというのがルールのようになっていますが、歩行によるエスカレーターでの事故は少なくありません。
もともと、エスカレーターは立ち止まって乗るためのものです。歩くと、つまずいたり、ぶつかったり、思いがけない事故につながります。
また、左手足に障害がある場合、右側の手すりにつかまり、立ち止まって利用したい人がいます。
他にも、エスカレーターは、大きな荷物や杖を持つ人、けがをした人、手をつなぐ親子等も利用します。 皆さんが安心して使えるよう、エスカレーターでは立ち止まり、手すりにつかまりましょう。
(公社)東京都理学療法士協会では、身に着けた人が、障害や病気を理由に左右いずれかに立ち止まっていることを意思表示するため、「エスカレーターマナーアップマーク」を作成しています。

問い合わせ:
障害者福祉課障害者福祉係 【電話】3578-2383 【FAX】3578-2678
・エスカレーターマナーアップマークについて
(公社)東京都理学療法士協会 【FAX】3370-9036【E-mail】tpta@eagle.ocn.ne.jp

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU