文字サイズ
自治体の皆さまへ

もりもりTopics

9/41

静岡県森町

■たわわに実った稲穂の刈り取り
宮園小5年生が9月29日、小澤良吉さん(草ケ谷)の指導のもと、稲刈りを体験しました。児童らは、5月11日に「きぬむすめ」の苗を植えた田んぼに入り、のこぎり鎌で手前へ引くようにして稲を刈り取りました。児童からは「力が必要で大変だったが、気持ちよく刈り取ることができて楽しかった」などと感想が聞かれました。刈り取ったお米は、精米して子どもたちにプレゼントされました。

■「救急の日」に心肺蘇生法を体験
袋井消防署森分署は9月9日、「救急の日」に合わせ、森小学校6年生を対象に心肺蘇生体験を実施しました。署員が「倒れた人を見つけたら、自分の身の安全を確保した上で周囲の人に助けを求めることが大事」と伝えると、児童たちは胸骨を圧迫する方法をスピードや姿勢に気をつけながら訓練人形を使って実践しました。児童は周りの人と交代しながら訓練を続け、「硬くて力が必要だと感じた」と話しました。

■旭中生徒が保育体験
10月5日と6日の両日、旭が丘中3年生が総合的な学習の時間の一環として町内の幼稚園・保育園を訪れ、保育体験をしました。日程等のコーディネート役を地域学校協働活動推進員の佐野智恵さんが務めました。森幼稚園を訪れた生徒たちは、生き生きとした笑顔で園児と接し、外遊びや椅子取りゲームに参加したり、絵本の読み聞かせを行ったりする姿が見られ、体験を楽しんでいました。

■今年も売れ行き好調な梨ビール
森町産の梨を使ったクラフトビール「森町生まれ梨麦酒ペアビア」が今年も9月17日から販売を開始しました。野末農園(中川上)から仕入れた幸水と豊水を掛川市の醸造所で加工。小麦麦芽を使用したホワイトエールで、和梨特有の甘い香りと爽やかな味わいが特徴です。製造された1,800本は、森町体験の里「アクティ森」や田中屋酒店、松尾酒店などで販売され、在庫は残りわずかです。

*森町ホームページで動画公開中
インターネットで「広報もりまち動画版」と検索していただくか、本紙10面記載のQRコードをスマホや携帯から読み取ってください。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU