文字サイズ
自治体の皆さまへ

森林環境税及び森林環境譲与税について

12/41

静岡県森町

森林環境税と森林環境譲与税は、パリ協定の枠組みの下におけるわが国の温室効果ガス排出削減目標の達成や災害防止等を図るため、森林整備等に必要な地方財源を安定的に確保する観点から創設されました。
森林環境税は、令和6年度から年額1,000円の課税が開始されます。
森林環境譲与税は、令和元年度から市町村及び都道府県に交付されており、市町村における使途は、間伐や人材育成・担い手の確保、木材利用の促進や普及啓発等の森林整備及びその促進に関する費用に活用されます。

■森林環境譲与税額
・令和3年度 19,966,000円
・令和4年度 25,030,000円(見込み)

■森町の取組
令和3年度の森林環境譲与税は以下の取組に活用しました。
(1)森林整備意向調査等業務(6,380,000円)
令和元年度、令和2年度に森地区の一部の森林所有者を対象に今後の森林経営管理に関する意向調査を行いました。その結果に基づき、森林整備の必要性を洗い出す現地調査を実施しました。

(2)林道の補修(3,800,000円)
森林整備を促進するため、林道の補修等維持管理を実施しました。

(3)森町森林環境整備促進基金への積立(9,786,000円)
今後増大が予想される森林整備や公共施設等への木材利用等、森林環境譲与税をより有効に活用するため、譲与額の一部を森町森林環境整備促進基金へ積み立てました。

問合せ:役場産業課林政係
【電話】85-6317

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU