文字サイズ
自治体の皆さまへ

ゆめかなエール

8/18

福島県

■今回(こんかい)は椅子(いす)のデザイナー
子(こ)どもたちの“ゆめ”を、その道(みち)のスペシャリストが教(おし)えます。
今回は、猪苗代町(いなわしろまち)の古川(ふるかわ)莉緒(りお)さん(9歳(さい))の“ゆめ”にエールをおくります。

◇START!(スタート)
工作(こうさく)が得意(とくい)という莉緒さん。ものを作ることに興味(きょうみ)があり、おしゃれな椅子を見て「自分も作ってみたい!」と思ったそう。実際(じっさい)どのように作られているのか興味津々(きょうみしんしん)です。

「上手に作れるかな…頑張ります!」

◎組立(くみたて)を教えてくれるのは、株式会社(かぶしきがいしゃ)光大(こうだい)の根本(ねもと)実和(みわ)さん。

「木製品(もくせいひん)の企画(きかく)、デザインから製造(せいぞう)・販売(はんばい)まで一貫(いっかん)して行う会社です!」
「設計図(せっけいず)を基(もと)に立体図(りったいず)を作って、見えない部分までチェック!」

◎初(はじ)めに、椅子をどのようにデザインしているのかを教えてもらいました。ねじがちゃんと締(し)められるように、細(こま)かなサイズまで決めているそう。

[ひのきkidsチェア]
「今日は、組立(くみたて)キットを使ってこれを作るよ!」

◎まずは後ろ足の溝(みぞ)にボンドを入れます。

「電動(でんどう)ドリルを使った、ねじ止めにも初挑戦(はつちょうせん)!」
「上から押すようにするとぐらつかないよ」

◎ゴムハンマーを使って横板(よこいた)を打(う)ち込(こ)んでいきます。前後(ぜんご)にも板(いた)を付けたら足の部分(ぶぶん)が完成(かんせい)!

◇FINISH!(フィニッシュ)
・莉緒さんがデザインした椅子を、私たちが製造(せいぞう)する日がきたら素敵(すてき)ですね!
・板を打ち込む作業(さぎょう)は大変(たいへん)だったけど、電動ドリルの作業は楽(たの)しかったです!

※取材協力(しゅざいきょうりょく):株式会社光大(本宮市)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU