文字サイズ
自治体の皆さまへ

浸水から街を守る「下水道」

8/26

東京都 クリエイティブ・コモンズ

下水道を流れるのは「汚水」だけではありません。下水道は「雨水」を河川や海等へ速やかに排水する役割も担い、浸水から街を守っています。豪雨の時でも東京が水浸しにならないのは、雨が道路の地下などに網の目のように張り巡らされた下水道管へ流れるからです。

東京都では頻発する集中豪雨から街を守るため、さまざまな浸水対策を行っています。

汚水(おすい)+雨水(うすい)=下水

●流す
(1)下水道管
自然に流れるように、少し傾いている

●貯める
(2)雨水調整池・貯留管
豪雨のときは、一時的に貯留する

●流す
(3)ポンプ所
地盤の低い所では、ポンプの力でくみ上げる

■都市浸水の主な原因は「内水氾濫」
浸水の原因は、大雨により河川が溢れる「外水(がいすい)氾濫」をイメージする方が多いかもしれませんが、近年都市部では、大量の雨が短時間に下水道管に集中し、河川が溢れる前に下水道管の能力を超えて発生する「内水(ないすい)氾濫」によるものもあります。

●内水氾濫
下水道管の能力を超えて浸水

河川から離れた場所でも、くぼ地や坂の下などの低い場所では、浸水する危険もあるよ。

■これまでの下水道整備と効果
東京都では、区部全域で1時間に50mmの降雨に対応できるよう、大規模な下水道幹線や一時的に雨水を貯めることができる貯留施設などの施設整備を進めています。特に浸水被害の影響が大きい大規模地下街や甚大な浸水被害が発生している地区では、1時間に75mmの降雨などへ対応できるようレベルアップして整備を進めています。

■大型台風に対する整備体制
昨年10月の台風第19号(令和元年東日本台風)では、都内で初めて大雨特別警報が発令される記録的な豪雨に見舞われましたが、これまで計画的に整備してきた雨水貯留施設が稼働し、浸水被害の軽減に効果を発揮しました。
特に、中野区・杉並区に整備した国内最大級の下水道の貯留管である和田弥生幹線(直径8.5m、延長2.2km)では、全区間が稼働した平成19年度以降、初めて満水になるまで貯留し、地域の浸水被害軽減に大きく貢献しました。

昨年10月の台風では、8カ所の貯留施設がほぼ満杯に。大雨から街を守ったよ。

●施設整備状況(23区) 2年8月末時点
▽雨水貯留施設
58カ所 60万立方メートル(25mプール2,000杯分)

▽雨水ポンプ施設
70カ所 毎分11万立方メートル(25mプール360杯分)

■渋谷駅東口の貯留施設が稼働
8月31日、渋谷駅東口地下に、1時間に75mmの降雨に対応可能な雨水貯留施設が新たに稼働しました。「100年に1度」といわれる渋谷駅周辺の大規模再開発に合わせ、開発事業者と連携して貯留施設の整備を実施。完成した施設は東京都が維持管理を行います。
渋谷駅周辺は、すり鉢状の地形であるため雨水が溜まりやすい課題がありました。平成18年度より稼働中の駅西口地下の貯留施設(貯留量4,000立方メートル)と共に、渋谷地区を水害から守り、さらなる発展の一助となることが期待されます。

■今後の取り組み
現在、東京都では浸水被害を軽減するため、浸水の危険性が高い地区など54地区を重点化し、下水道の施設整備を進めています。加えて、新たに重点化する地区を追加し、大規模な貯留施設等の整備に向けた検討を進めるなど、安全・安心な東京の実現に貢献していきます。

お問い合わせ:下水道局計画調整部
【電話】03-5320-6594
東京都下水道局 浸水対策 検索←

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU