文字サイズ
自治体の皆さまへ

いっぺん、真剣に名張の未来のこと考えよっ!SDGsワークショップ ナバリミライ

9/63

三重県名張市

~持続可能な名張の未来をデザインしよう~
「住み続けたい名張」「住み続けられる名張」にするためにはどうしたらいいのか、SDGsの目標の中から社会・環境・経済の3つのテーマについて、参加者みんなで考え、名張の未来を創造するワークショップです
■Part1 SDGsde地方創生カードゲーム/6月18日土午前9時~正午
SDGsの17の目標を達成するために、現在から2030年までの道のりをゲームで体験。楽しみながらSDGsの本質を理解することができます。今回のテーマである「社会・環境・経済」を充実させながら、暮らしよい名張を目指すゲームです。

■Part2 ワークショップ「社会」/6月18日土午後1時30分~4時30分
テーマ「誰もが生きやすいまち名張を考える」~「誰も」の中にはアナタも含まれています~
話題提供/多文化共生センター、人権・男女共同参画推進室

■Part3 ワークショップ「環境」/6月25日土午後1時30分~4時30分
テーマA「人・社会・地球にやさしく生きる」~ムダをなくして賢く暮らそう~
話題提供/イーナバリ株式会社、学校給食関係者、市民相談室
テーマB「最新のテクノロジーの追求と自然との共生」~地元企業に学ぶ~
話題提供/オキツモ株式会社、環境対策室

■Part4 ワーショップ「経済」/7月9日土午後1時30分~4時30分
テーマA「働き方って一つじゃないよ」~地域で働く、地域資源を活かして働く~
話題提供/一般社団法人滝川YORIAI、地域おこし協力隊、地域経営室
テーマB「必要とされ続ける企業とは」~人間らしい働き方と企業の持続可能な経済成長の両立~
話題提供/名張近鉄ガス株式会社、商工経済室
◎関心のある回だけの参加も可能です。

■SDGsって??
「将来にわたって、すべての人が豊かで、幸せであり続けていく」ため、自然環境の汚染や経済格差など解決すべき多くの課題があります。その課題を乗り越えていくために、国連で採択された17の目標で、2030年の実現を目指しています。

■参加者募集中
場所:教育センター(百合が丘西5)
進行:米山 哲司(よねやま さとし)さん(NPO法人Mブリッジ代表理事)
定員:32人 ※参加無料。先着順
申込:電子メール、電話、ファクスで、名前・連絡先・参加希望日時・所属団体(あれば)を問合せ先へ

問合せ:市民活動支援センター
【電話】63-5325
【FAX】63-5326
【メール】j-kouryu@emachi-nabari.jp

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU