文字サイズ
自治体の皆さまへ

市内小中学生が主役!「ばりっ子会議」

8/63

三重県名張市

「名張市子ども条例」制定から16年。子どもの「参加する権利」を保障する「ばりっ子会議」は、子どもたち自らが開催し、子どもたちの“思い”を発信しています。
令和3年度は、コロナ禍の中、4回の「ばりっ子会議」が開催されました。会議で話し合われた「子どもだけでなく、市民の皆さんが安心して安全な名張で暮らすために交通マナーを高めたい」という意見を市政への提言書としてまとめました。提言書と共に、「なばりん」を使ったポスターやチラシも作成し、市長へ手渡しました。「交通マナーを守る名張にしていくため市民の皆さんに広めてください」と提言書を読み上げた会議メンバーの大園 千愛(おおぞの ちなり)さんと遠藤 果歩(えんどう かほ)さん。ポスターやチラシは、市内の小中学校や市民センターなどに配布され、交通安全の啓発に役立てられています。

問合せ:子ども家庭室
【電話】63-7594

■今までこんな取組をしてきたよ!
・給食の献立を提案(H24)
・名張の新名物を提案「かたやきソフト」(H30)
・子どもたちの考えた名張の魅力を詰め込んだ「なばりん」。小学生が考えたデザインを大学生が仕上げたんだって!(R1)
・「『なばりん』をもっと知ってほしい」と、避難場所や観光情報などが取得できるQRコード入りの看板「まちかどガイドなばりん」を作ったよ(R3)

■新しいメンバーを募集中だよ!
開催日:6月から3月の土・日曜日(全8回程度)
対象:市内の小中学校に通う児童・生徒 40人程度
場所:武道交流館いきいき(蔵持町里)など
申込:5月27日金までに、住所・氏名・電話番号・学校名・学年を記入の上、ファクス(【FAX】64-6318)か電子メール(【メール】m_ogita@nabari-pta.net)でMIK運動推進委員会事務局へ

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU