文字サイズ
自治体の皆さまへ

よっかイチ推し! vol.10 地酒(2)

3/14

三重県四日市市

■地酒×思い
◆地酒なので、地域の人に愛されることが大事
株式会社宮﨑本店 代表取締役社長 宮﨑由太さん

▽楠町で唯一、170年以上続く酒蔵
宮﨑本店の創業は弘化3(1846)年。楠町は元々酒造りが盛んな地域で、かつては町内に30以上の酒蔵がありました。この地域は水や気候が酒造りに合っているのだと思います。現在では1社を残すのみとなりましたが、廃業されていった隣近所の酒蔵の一部も引き継いで酒造りを続けています。

▽品質本位で日々探求
現状に満足せず、品質にこだわって酒造りをしています。毎年米の出来が違い、なかなか思いどおりにいきませんが、温度管理などをしっかりして平準化しています。より高品質な製品づくりのため、3年前に新しい蔵を建て、小さなタンクで細かく管理できるようになりました。その新しい蔵で造った大吟醸や純米酒が、ロンドンで行われる「IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)」という品評会で1位を取ったときはうれしかったですね。

▽広まりつつある三重の酒
三重県が酒どころだという認知度はまだまだ低いと思いますが、伊勢志摩サミット以降、三重の酒が注目されるようになり、県全体として品質も上がってきていると思います。また、三重県酒造組合では、地域ブランドとしての価値向上や輸出拡大のため、「地理的表示(GI)※」の指定に向けて取り組み、令和2年6月に「三重」の名称で指定を受けました。

▽「おいしい」の一言のために
地元の人をはじめ、世界を含めていろいろな人に飲んでほしいですね。また、酒は贈答品でもあるので、人に自慢できるような商品を造りたいと思います。今後も「おいしい」の一言のために、一生懸命酒造りをしていきます。

※酒にその産地ならではの特性が確立されており、産地からの申し立てに基づいて国税庁長官の指定を受けることで、産地名を独占的に名乗ることができる制度

◆酒屋は酒蔵とお客さんをつなぐ架け橋
有限会社小林商店(旨喜酒(うまきさけ)専門店KOBA) 代表取締役 小林正幸さん

▽興味を持ってもらう
工夫平成4年に酒屋を始めましたが、当時日本酒は「古くさい」「ださい」と言われ、なかなか見向きもされない時代。そこで、まずは自分が飲むシーンを見せたり、時には生産者も呼んで日本酒イベントを開催したりと、興味を持ってもらえるよう工夫してきました。
顔が見える商売をしたいと思っていて、お客さんに「薦められたお酒のおかげで楽しい時間を過ごせた」と言ってもらえるのが一番うれしいですね。

▽「MARU YON」プロジェクト
5年前、市内の酒屋5軒が集まり、米農家や醸造元、飲食店などの協力を得ながら、生産から消費まですべて市内で完結する究極の地産地消”の酒「MARU YON」プロジェクトを始めました。自分で飲むためだけでなく「飲めないけれど贈りたい」というお客さんもいて、郷土愛だなと感じます。毎年12月初めの発売直後に完売するほどの人気で、コロナ禍で先は分かりませんが、また来季以降も続けたいと思っています。

▽世界に誇る食文化
酒はただ酔うための飲料ではなく、食文化の一つだと考えています。日本酒は世界に誇れる文化であり、技術であり、伝統です。そして、飲み手がいないことにはその伝統をつなぐことができません。なので、皆さんにも地元の酒蔵を好きになって、盛り上げ続けてほしいですね。

■四日市の地酒飲み比べ
▽石川酒造株式会社
場所:桜町129
【電話】326-2105
直売:9:00~16:00(土・日曜日、祝日休業)
見学:10人以上の団体に限る。要予約。無料
【HP】http://e-sakagura.co.jp
代表銘柄「噴井(ふきい)」×お薦め料理・おつまみ「白身魚、刺身、豆腐」

▽伊藤酒造株式会社
場所:桜町110
【電話】326-2020
直売:10:00~17:00(火・水曜日休業。臨時休業日あり)
見学:要予約。有料(コースにより異なる)
【HP】https://www.suzukasanroku.com
代表銘柄「鈿女(うづめ)」×お薦め料理・おつまみ「すき焼き」

▽神楽酒造株式会社
場所:室山町326
【電話】321-2205
直売:9:00~18:00(不定休)
見学:10人以上の場合は要予約。無料
【HP】http://kagura1858.com
代表銘柄「神楽」×お薦め料理・おつまみ「魚料理、かに鍋」

▽株式会社タカハシ酒造
場所:松寺二丁目15-7
【電話】365-0205
直売:10:00~12:00・13:00~16:00(日曜日、祝日休業)
見学:なし
【HP】なし
代表銘「柄天遊琳(てんゆうりん)」×お薦め料理・おつまみ「和食(おでん、鍋料理など)」

▽丸彦酒造株式会社
場所:川島町1863-2
【電話】321-3111
直売:8:15~17:00(土・日曜日、祝日休業)
見学:要予約。無料
【HP】https://mienokanbai.jp
代表銘柄「三重の寒梅」×お薦め料理・おつまみ「和食、肉料理」

▽株式会社宮﨑本店
場所:楠町南五味塚972
【電話】397-3111
直売:現在休止中
見学:現在休止中
【HP】https://www.miyanoyuki.co.jp
代表銘「柄宮の雪」×お薦め料理・おつまみ「まぐろの赤身の刺身、煮はまぐり」

*****************************
この記事についてのお問い合わせ・ご意見は:
商工課【電話】354-8178【FAX】354-8307
広報マーケティング課【電話】354-8244【FAX】354-8315

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU