ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

きらり四日市人 Vol.73

6/14

三重県四日市市

老若男女、各分野で活躍するさまざまな「四日市人」を取材して、その人の言葉で四日市の魅力などをお伝えするコーナーです。

◆堤 大伽(たいが)さん
 全日本スキムボード選手権大会エキスパートクラスで第2位に入賞した中学3年生の堤さんに、スキムボードの魅力と今後の目標や夢などお伺いしました。

■魅力的なマリンスポーツ“スキムボード”
 スキムボードとは、砂浜から波打ち際で行うマリンスポーツの一種です。長さ130cm前後、厚さ2cm程度のボードを持ち、波に向かって走り込み、引き波のときにできる薄い水の層に板を滑らせます。そして、タイミングを計って板に飛び乗り、せり上がる波に乗って頂点に登り詰め、しぶきを上げながらターンをして浜まで戻ってくる競技です。浜に戻ってくるスピードや技の華麗さを競います。波のコンディションに合わせて技を繰り出す面白いスポーツです。波打ち際で行うので、安全で子どもや女性も気軽に始められます。
 練習は、主に志摩市の市後浜(いちごはま)で行っています。志摩市のビーチでは、多くの人がマリンスポーツをしていて、スキムボードの仲間に技を教えてもらいながら楽しく練習しています。

■きっかけはお母さん
 母は昔サーフィンをやっていて、自分もビーチに連れて行ってもらい、砂浜で遊んでいました。しかし、沖まで出るサーフィンは、子どもに目が行き届かなくて心配という理由で、スキムボードに切り替えたそうです。
 初めて板の上に乗ったのは4歳のときです。まだまだ砂遊びをしている方が楽しいと思っていました。でも、板に身長が追い付いてきた小学4年生の時、初めて大会に出場しました。獲ったのは「将来が楽しみで賞」。キッズクラスなので順位はありませんでしたが、とてもうれしかったのを覚えています。
 それから、多くの大会に出場し、たくさんのメダルや賞状をいただきました。

■夢はプロでの優勝
 昨年10月の大会のエキスパートクラスで第2位に入賞し、晴れてプロクラス入りを果たしました。レベルの高いところで競えると思うと、ワクワクすると同時に、もっと技を磨かなければいけないという思いがあります。目標はプロクラスでの優勝です。そして、いつかスキムボード発祥の地であるアメリカの大会に出場することが夢です。
 また、日本のスキムボード競技人口をもっと増やすために、イベントや後輩育成などに貢献し、スキムボード界を盛り上げていきたいと思っています。

■CTY「ちゃんねるよっかいち」でも紹介します。
 日時:3月1日~31日月
 水金日 9:30、20:30
 火木土  12:30、20:30

■CTY-FMで毎月第2・第4日曜日放送の「よっかいちわいわい人探訪!」でも紹介します。
 日時:3月10日、24日8:54、14:54

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

ユーザー登録
MENU