ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

[特集]男女共同参画を考える(3)~はもりあ四日市ってどんなところ?~

3/14

三重県四日市市

◆市民と行政が協働して男女共同参画を進めています
 〇さんかくカレッジ2017 男性向け料理教室
 〇ワーク・ライフ・バランスシンポジウム
 〇子育て世代のためのマネー講座

◇5つの機能
【学習機会の提供】
 ●さんかくカレッジ
 ●連携映画祭
 ●ワーク・ライフ・バランス出前講座 など

【調査・研究】
 ●男女共同参画に関する調査・研究
 ●他センター事業の調査 など

【情報提供・収集】
 ●図書・資料などの収集
 ●情報紙「はもりあ」発行
 ●ホームページ運営 など

【相談】
 ●女性のための相談
 ●「働くウーマンナビ」
 ●男性のための電話相談 など

【市民グループの交流・活動支援】
 ●はもりあフェスタ
 ●登録グループのつどい
 ●市民企画による講座開催 など

◎インタビュー
・男女共同参画課 松永大輝

 「はもりあ」とは造語で、女性と男性の協働というすてきな“ハーモニー”が奏でられる“中核エリア”という意味です。男女共同参画センター「はもりあ四日市」では、男女共同参画社会を実現するため、各種施策を総合的・計画的に実施しています。また、市・市民・事業者による男女共同参画の取り組みを支援する拠点として、事業を展開しています。
 男女共同参画に関するホットな話題をお届けする情報紙「はもりあ」を毎月発行しているので、ぜひ地区市民センターやホームページなどでチェックしてみてくださいね。
 【HP】http://www.city.yokkaichi.mie.jp/danjo/index.shtml
※2月号ではジェンダーギャップ指数を特集!

はもりあ四日市
所在地:本町プラザ3階(本町9-8)
開館時間:9:00~21:00
休館日:日・月曜日、祝日、年末年始

◆平成30年度四日市市「男女がいきいきと働き続けられる企業」表彰で奨励賞を受賞
◎株式会社東産業 取締役 秋田貴彦さん
 3年間の育児休業期間や期限のない短時間勤務制度など、法律の規定以上の基準を設け、職場に復帰しやすい環境整備に取り組んでいます。また、社員の健康を重要視しており、健康診断なども手厚くしています。さらに、時間管理を徹底し、業務量の偏りをなくして時間外労働の削減にも成果を上げました。社員が「ここで働いていてよかった」と誇りに思い、仕事を長く続けられる会社であれるよう、今後も新たな取り組みを進めていきたいと考えています。

◎株式会社東海テクノ 総務部 部長 市田明さん
 有害物質を取り扱う作業では通常時でも安全に配慮していますが、妊婦・産婦から申し出があったときは作業の変更を行うなど、女性従業員が働きやすい環境を整えています。また、残業課題シートから残業の根本的な原因を究明し、5年前に独自の工程管理スケジューラーを完成させました。その日必要な業務や月間の繁忙期が見えることにより、残業削減や有休取得が促進されるとともに、業務上の課題や特定の人しかできない業務の見える化にもつながっていると感じています。

●この特集についてのお問い合わせ・ご意見は
 男女共同参画課【電話】354-8331【FAX】354-8339
 広報マーケティング課【電話】354-8244【FAX】354-8315

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階