ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

[特集]男女共同参画を考える(4)「プランよっかいち2015~2020」を見直しました

4/14

三重県四日市市

◆男女共同参画プランとは
男女が性別にとらわれることなく、自分の力を発揮して多様な働き方や生き方を選択できる男女共同参画社会を実現するために、市として施策を総合的かつ計画的に進めていくための基本計画。
平成30年12月に、「≪男女共同参画プランよっかいち2015~2020≫後期平成30(2018)年度~平成32(2020)年度」を新たに作成しました。
→詳しくは、市ホームページ(【HP】ID:1001000000884)へ

◆「男女共同参画プランよっかいち2015~2020」を見直しました
・見直しのポイント
[1]プラン推進に当たっての重要な視点を見直し、「職業生活における女性の活躍推進」を追加
[2]「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」(平成27年8月成立)に基づく市町村推進計画として位置付け
[3]今後、充実・強化を進める項目を以下に変更
 (1)情報発信の強化
 (2)地域における男女共同参画の推進
 (3)ワーク・ライフ・バランスの推進
 (4)四日市市役所における女性活躍とワーク・ライフ・バランスの推進
 (5)DV予防教育及び相談体制の充実
 (6)女性のエンパワーメント

◎男女が共に多様な生き方や働き方を実現でき、豊かで活力あふれる社会の実現を図る
 「働きたいけれど働けない…」
 「ステップアップしたい」
 「思いをかなえられる社会に」

◆市民意識調査から見える四日市市の現状
社会全体で男女平等と感じている人は、13.2%にとどまっており、前回調査よりも下がっています。分野別で見ると、特に「社会通念・慣習しきたりで」「政治の場で」「職場で」などの分野で男性優遇と感じる人が多いことが分かりました。

〔その他の項目から見える現状〕
 ●本人が希望する就業形態(正職員、非正職員、主婦・主夫)と現状の差は、女性の方が大きい
 ●ワーク・ライフ・バランスを実現できている人は、男女とも約3割にとどまっている
 ●女性が役職(自治会・PTAの代表、職場の管理職など)に就くことへの抵抗感は、男性より女性自身の方が強い など

◇男女の平等感について(社会全体)

※四日市市男女共同参画に関する市民意識調査(平成29年8月実施)より
・・・→調査結果をプランに反映

●この特集についてのお問い合わせ・ご意見は
男女共同参画課【電話】354-8331【FAX】354-8339
広報マーケティング課【電話】354-8244【FAX】354-8315

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階