ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

ご利用ください「明和町障がい者生活支援センター ♬ここ♪」

11/25

三重県明和町

障がいのある人をはじめ、家族や支援者の皆さんを対象とする総合相談窓口「明和町障がい者生活支援センター♬ここ♪」では、障がい者の皆さんの自立と社会参加を目指し、地域で安心して生活できるよう、専門の相談支援員による電話・面談相談や訪問、相談支援等の業務を行っています。

◆支援等内容のご案内
▽利用対象
身体・知的・精神障がいのある人、その家族・支援関係者
▽支援等の内容
(1)日常生活全般の相談
(2)福祉サービス等の利用援助(情報提供と申請手続きの支援)
(3)専門関係機関(病院、ハローワーク、特別支援学校等)の紹介と連携
(4)支援のネットワークづくり
(5)交流の場「ここサロン」、障がいの理解啓発学習会の定期的開催等
▽場所
保健福祉センター内 明和町障がい者生活支援センター
▽開設日時
月~金曜日(祝日を除く)、午前8時30分~午後5時15分

◆町内の自助グループを紹介します
◇障がい者の会
障害者手帳を取得している方ならだれでも入ることができます。交流を目的としています。
春にはビンゴゲームとレクリエーション、ボウリング大会、いちご狩り、様々な行事を行っています。見学だけでも大歓迎です、ぜひともお越しください。

連絡先:明和町社会福祉協議会
【電話】52・7056 
担当:田中

◇わだち
障がいのある子どもの保護者の会です。
就学前の子どもから成人した子どもの保護者まで幅広い年齢の人が活動しています。
昨年度は茶話会をはじめ、四日市で行われる三重県ふれあいレクリエーションへの参加、いちご狩りなどを行いました。今年も楽しい行事を計画しています。
毎月末の日曜日には、上御糸小学校の体育館でスポーツサークルを行い、体を動かしています。パラリンピックの種目にもある競技にもチャレンジしています。ぜひ一度見学に来て下さい。
わだちは昨年度発足したばかりの会です。これからも楽しく活動しいていきたいと思っています。

連絡先:明和町社会福祉協議会
【電話】52・7056 
担当:田中

◇ななかまどの会
精神に障がいのある人の家族が自主的に集まり、気軽に話し合う茶話会で毎月開催されています。「ななかまど」とは、バラ科の落葉高木で、花言葉に「私はあなたを見守る」と言う意味があります。本人の疾病、日ごろの生活、医療や福祉サービスのことなどについて、同じ悩みを持つ家族同士で話し合い、情報交換や交流を深めることを目的としています。どうぞお気軽にご参加ください。

連絡先:町保健福祉センター
【電話】52・7127 
担当:真野、太田

◆デイケアへ参加しませんか?
精神に障がいのある方々を対象にデイケアを行っています。みんなでおしゃべりやお料理、スポーツなどを楽しみませんか?
日時:毎月第1・3水曜日、午前10時~午後2時
場所:明和町保健福祉センター

※詳しくは明和町障がい者生活支援センター♬ここ♪(明和町保健福祉センター内)へお問い合わせください。
【電話】52・7127
【FAX】52・7128
【E-mail】shien@town.mie-meiwa.lg.jp

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル