ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

NEWS PHOTO SNAP まちの話題

10/36

京都府福知山市

あなたが写っていたら、写真(L判)1枚差し上げます

■10・8 こも巻きで少し早い冬支度
三段池公園の池の周りの松の木に、松枯れの原因となる害虫に冬を越す場所を与え駆除するための「こも」が巻かれました。
二十四節気の一つである「寒露」の時にこも巻きは行われることから、秋の本番を告げる風物詩になっています。こもは来年3月の「啓蟄(けいちつ)」の日に外し、潜り込んだ害虫を駆除します。
この日は、シルバー人材センターの職員5人が池周辺の約100本で作業し、冬支度を進めました。

■10・10 サンガF.C.ホームタウンに加入
本市は京都サンガF.C.ホームタウンに加入し、京都市内で舞鶴市、綾部市と合同で協定書締結式を行いました。令和2年に亀岡市に完成する、京都サンガF.C.のホームスタジアム「京都スタジアム」での試合観戦や、選手・コーチによるサッカー教室など、サッカーを通して福知山が元気になるような取り組みを進めていきます。京都サンガF.C.を盛り上げていきましょう。

■10・11 井田の子ども太鼓踊り 150年の歴史に幕
夜久野町井田の秋祭りで毎年奉納されてきた子ども太鼓踊りが今年、約150年の歴史に幕を下ろしました。田植えや稲刈りなど稲作の流れをモチーフに、7人の小学生で踊るもので、児童数の減少から今年で最後と決めたそうです。宵宮では、最後を惜しむかのように、これまで踊ってきた大人たちも一緒に踊りました。本宮では重さ500キロの大神輿とともに巡行する予定でしたが、台風19号の接近で残念ながら中止となりました。

■10・27 まさに鬼尽くし!大江山酒呑童子祭り
数々の鬼の伝説が残る大江山で「第38回大江山酒呑童子祭り」が開催されました。大江山酒呑童子の里(大江町佛性寺)を会場に、鬼武者行列やスポーツ鬼ごっこ、鬼とのちゃんばらなど鬼にちなんだ数々の催しが行われました。古着を再利用した衣装を着た鬼武者行列には、丹波福知山手づくり甲冑隊や復活した鬼みこしも参加して会場を練り歩き、自然豊かな大江山がたくさんの笑い声でにぎわいました。

■10・27 肉のまち福知山 1万人が肉料理を堪能
福知山駅北口公園で、「肉のまち福知山」をPRするイベント「ふくちやまMEET(ミート)×MEAT(ミート)フェスティバル2019」を開催しました。市内や近隣の29店舗が集まり、自慢の肉料理をふるまいました。牛や豚、鶏、ジビエなど様々な肉料理が提供され、来場者は昨年の7000人を大きく上回る約1万人。厳選された肉料理を楽しもうとどの店も長蛇の列ができ、売り切れとなる店舗が続出するなど大盛況でした。

■10・27 出発進行!ミニ鉄道館に子どもたちも大興奮
鉄道のまち福知山の魅力を伝えるために、福知山商工会館でNゲージ運転体験や実写版トレインシミュレーター、鉄道写真展など1日限りのミニ鉄道館を開催しました。運転士気分が味わえると多くの家族連れが訪れ、子どもたちの楽しそうな声にあふれていました。
また、写真展では鉄道のまち福知山を振り返る貴重な記録写真などを展示し、鉄道OBが来場者に説明を行い、来場者は熱心に聞き入ってました。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU