ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

STYLE vol.2 埼玉西武ライオンズ 森脇 亮介(もりわきりょうすけ) 投手

10/34

京都府福知山市

昨年10月25日に行われたプロ野球ドラフト会議で、埼玉西武ライオンズから6位指名を受けた森脇亮介投手(26)は福知山市土出身。150キロ台の直球と落差のあるフォークが武器の本格派右腕。小学校1年生から遷喬ジャガーズで野球をはじめ、日新中学校軟式野球部では、当初は遊撃手として活躍し、2年生秋から投手に。塔南高校へ進学し、1年生の春からベンチ入り。同年秋にはエースとなり近畿大会に出場。日本大学へ進学後も活躍を続け、セガサミーに入社後は最速152キロを記録し、スカウト陣の注目を集めた。小学生の頃から市内の野球界で注目の的だった森脇投手が12月15日に、市役所へ入団報告に。意気込みなどを聞いてみた。

■埼玉西武ライオンズ6位指名
○即戦力としての期待を背負い 結果が全ての厳しくも夢のある世界
―指名を受けたときの率直な感想を教えてください。
「ライオンズはパ・リーグを優勝している強いチームですし、うれしかったですね。ただ、社会人4年目なので迷う気持ちもありましたが、妻もよろこんで後押ししてくれたので、やってやるぞという気持ちになりました」

―同級生や周りの反響はありましたか?
「ドラフト当日は携帯電話を置き忘れていました。ドラフトが終わって見てみると、すごい数のラインが来ていました。友人や同級生からの通知が止まらなかったです」

■当時から注目の選手
―150キロ台のストレートを投げられるということは、昔から肩が強かったんですか?
「そうですね。父や兄の影響で小学1年からはじめましたが、昔から強肩が売りでした。ショートを守ることのほうが多くて、ピッチャーを本格的にはじめたのは高校からですね」

―小・中学生の頃は市内では負けなしだったんじゃないでしょうか。
「結構負けることもありましたよ(笑)。今でも当時のチームメイトと連絡を取り合ったりもしています」

―福知山に帰省はよくされるんですか?
「実は今回の訪問で1年ぶりになります。大学から関東で暮らして、今は結婚して子どももいるのでなかなか帰って来れないですね。またすぐに東京に戻ります」

―忙しい毎日ですね。入団が決まってからのスケジュールは大変ですか?
「12月はシーズンオフもあってそれほどです。今はいろんな人に挨拶に行ったりしています。1月からは合同自主練がはじまって、2月にキャンプがあるので野球漬けの日々ですね。ドラフト指名を受けてからは、いろんな人に祝福される機会が増えましたし、いろんなご縁を感じる機会が多くなりました。良い結果を報告できるようになりたいですね」

■1年目から結果を求められる
―プロ野球は厳しい世界のイメージがあります。求められることもシビアになりますよね?
「プロ野球はリスクのある世界で結果が全て。2、3年で結果が出なければ、職探しからやり直すことに…。それに、社会人枠は即戦力とみなされるし、1年目から結果を出さなければならない。でも、結果さえ出ればすごく夢のある世界ですね。プロとの体力差をどれだけ埋められるかが鍵です。あとは故障しないことですね。焦ることなくしっかりと成長していきたいです」

―結果をすぐに出しつつ焦らない、非常に求められるレベルが高いですね。プロ野球は遠征も多く、疲れがたまりそうですよね。
「そうですね。遠征が多いことからアクセス重視で住居を決めました。あとは、どこでも眠れるタイプなので移動中に回復したいと思います(笑)」

―それは意外と大事な長所かもしれませんね。背番号はもう決まりましたか?
「28番という良い番号をもらいまして、背番号にちなんで8回を2失点に抑える、コンスタントな投手になりたいですね。」

―野球人生での目標や、目標とする選手はいますか?
「プロ野球人生での目標は、試合で全ての力を出し切れる選手になることです。目標とする投手は、ドジャースの前田健太(まえだけんた)投手です。先発でも中継ぎでも自分の役割を果たして結果を出している。僕もそんな投手になって、球界を代表するエースになりたいですね」

―素晴らしい目標ですね。球界を代表するエースとなるよう福知山から応援しています。最後に地元の福知山の皆さんに向けてのメッセージをいただけますか?
「ライオンズで活躍することで少しでも恩返しをして、みんなに応援される選手になって帰ってきたいです」

物怖じしないマウンド度胸を持つ本格派右腕の森脇投手は、ライオンズ首脳陣からも「小柄ながらストレート、変化球の精度が高く、落差のあるフォークボールが魅力の即戦力投手」と期待されています。
多くの野球経験者が、一度は夢見たであろうプロ野球選手。その夢が叶う確率は、1%未満という非常に狭き門。そして、そこで活躍する選手となれば、門はさらに狭くなります。
そんな夢の舞台への挑戦権を手にした森脇投手。ぜひプロの世界で活躍し、その知らせが福知山まで届くような選手になってほしいですね。

○埼玉西武ライオンズ 森脇 亮介 投手
ポジション:投手
投打:右投げ/右打ち
身長:175cm
体重:70kg
生年月日:1992年7月13日(26歳)
経歴:遷喬小学校→日新中学校→塔南高校(京都市)→日本大学→セガサミー

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

自治体からのお知らせ欄
コメント
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-20-5 石川ビル3階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

ユーザー登録
MENU