ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

「口の健康」と「全身の健康」は、つながっています

9/26

佐賀県佐賀市

歯周病は、歯を支える周りの組織に起こる病気で、細菌によって引き起こされる感染症です。歯を失う最大の原因とも言われています。
さらに歯周病は、糖尿病や心筋梗塞など、さまざまな全身の病気とも深い関係があることが明らかになってきました。歯周病と糖尿病の両方を治療することで、歯周病の症状改善や血糖値の改善も期待できます。
[歯周病]
・インスリンの働きが悪くなる
・かむ力が弱くなり、食事が糖質に偏りやすい等
↓↑
[糖尿病]
・免疫力が落ちる
・口が乾きやすくなる
・組織の修復力が低下する

また、歯周病があると細菌感染やウイルス感染を生じやすくなります。これは、歯周病菌が産生する物質が、ウイルスが侵入しやすい環境をつくってしまうためだと言われています。

◆歯周病やウイルス等の感染予防のために
(1)免疫力を高める生活習慣を身につける
・生活リズムを整える
・栄養バランスの良い食事
・適度な運動
・質の良い睡眠
・ストレスをためない

(2)歯磨きをする
歯周病菌を減らすことによって、歯周病の予防や、ウイルスの細胞への付着を阻害する。

◇歯周病に効果のあるみがき方(バス法)
歯ブラシの毛先を歯と歯肉の境目に45°の角度で当て、1mmぐらいの小刻みな振動を与えます。(歯ブラシは少しやわらか目で!)

(3)定期的に歯科検診を受ける
年に1〜2回は、かかりつけ歯科医で専門的なケアを受けましよう。

※詳しくは、市ホームページををご覧ください。

問い合わせ:本庁 健康づくり課 保健予防一係
【電話】40-7281【FAX】40-7380【E-mail】kenko@city.saga.lg.jp

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU