ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

応急手当の重要性! 救命講習を受講しよう!

20/22

佐賀県基山町

突然のけがや病気におそわれたとき、家庭や職場でできる手当のことを応急手当といいます。病院に行くまでに応急手当をすることで、けがや病気の悪化を防ぐことができます。
また、突然心臓や呼吸が止まってしまったなどの一刻を争う場合、傷病者のそばに居合わせた人による「早い通報」と「適切で速やかな救命処置」が施されることにより、命を救える可能性が一層向上します。他人ごとと思っていても、明日は自分がその現場に立ち会うことになるかもしれません。
尊い人命を救うための第一歩、救命講習を受講しましょう。

救命講習定期開催日時:
・11月20日(金)午前9時~12時
(申込期間…10月18日~11月13日)
・12月19日(土)午前9時~12時
(申込期間…11月21日~12月12日)
※現在、新型コロナウイルス感染症の感染・拡大防止のため中止となっております。再開する場合は、当消防本部のホームページ、各市町広報紙等でお知らせいたします。
会場:鳥栖消防署(鳥栖市本町3丁目1488-1)
※受講料は無料です。受講後に修了証を交付します。
*ホームページのQRコードはPDF版広報紙15ページをご覧ください。

◆救・急・豆・知・識~秋にかかりやすい病気とは?~
暑い夏が終わり、すこしずつ気温が下がってきています。季節の変わり目には体調を崩される方も多いです。特に体力、免疫力が低下している高齢者の方は体調の変化が起きやすい時期です。
(1)食中毒
秋は、行楽や運動会などの行事が多く野外で調理したり、野外で食事をする機会が多いことが食中毒の原因と言われています。
(2)風邪や花粉症
夏バテなどで体力や免疫力が低下しているまま『秋』を迎えてしまい、夏の生活スタイルを続けることで、風邪や花粉症にかかる方が多いと言われています。
(3)ぜんそく
秋は気温が低下するのに加えて湿度も低下します。空気の対流が上手く行われず汚れた空気が地表付近に停滞しやすいため、ぜんそくの症状が出やすくなると言われています。
◎手洗いうがいをするなど、簡単に予防できるものが多いですので、気を付けて生活していきましょう。

問合せ:基山分署消防係
【電話】92-7911

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU